正捕手不足が深刻なプロ野球界 ドラフト会議でトヨタ木下はソフトバンクへ? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

正捕手不足が深刻なプロ野球界 ドラフト会議でトヨタ木下はソフトバンクへ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラフト
多彩な変化球を持つ多和田真三郎(富士大) (c)朝日新聞社 

多彩な変化球を持つ多和田真三郎(富士大) (c)朝日新聞社 

 10月22日のプロ野球ドラフト会議まであと少し。甲子園を沸かせたあのヒーローや、大学・社会人で注目を浴びる選手らの行方が気になるところだ。

 即戦力として球団が必要としているのが大学生や社会人。元スカウトの日野茂氏が最も注目するのは富士大の右腕・多和田真三郎(たわた・しんざぶろう)だ。最高球速は151キロで、沖縄の中部商高時代は1年秋からベンチ入り。3年の夏は県大会準優勝に導きプロ志望届を出すも、指名されなかった。しかし、大学1年目の秋に明治神宮大会の国際武道大戦でノーヒットノーランを達成し存在感を見せつけた逸材だ。

「下半身がしっかりし、フォームの安定感が抜群。まだまだ伸びる要素も持ち合わせている。ピッチャーが足りず、若手が育っていない中日あたりがやはり狙ってくるんじゃないかな」(日野氏)

 右肩を故障し、秋のリーグ戦は1試合も投げていない。そこをスカウトがどう見るかだが、それをしのぐ特徴があるとスポーツライターの小関順二氏は語る。

「好投手と言われる選手は、投げるときに普通、6足半から7足の幅でステップするのですが、多和田はさらに半足くらい広い。このステップ幅と低い体勢から投じられるストレートは打者近くで浮き上がり、迫力満点なんです。高校時代、指名を見送った阪神が満を持して獲得に乗り出すのではないでしょうか」

 記録という面では、明治大の主軸外野手・高山俊も今ドラフトの目玉の一人だ。巨人で活躍した同大OBの高田繁氏(現・DeNAゼネラルマネジャー)が1967年に記録した東京六大学リーグの通算最多安打記録127本に並び(10月9日現在)、更新が期待されている。元スカウトの2人は、即戦力になると太鼓判だ。

「バットコントロールがいいね。長短両方いけるし走攻守がそろっている」(日野氏)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい