全国“ゆるくない”キャラ図鑑<番外編> 暑さ自慢の街キャラの夏 猛暑をどう過ごしてる? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

全国“ゆるくない”キャラ図鑑<番外編> 暑さ自慢の街キャラの夏 猛暑をどう過ごしてる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

左から、アチチうなぎのしまッチ、うながっぱ、ニャオざね(提供・多治見市役所)

左から、アチチうなぎのしまッチ、うながっぱ、ニャオざね(提供・多治見市役所)

 2015年の夏も、まだまだ暑い。8月1日に岐阜県多治見市で記録した39.9度が、現時点でこの夏の最高記録だが、この暑い夏を、暑すぎる街のゆるキャラたちはどうしのぎ、何を考えているか。緊急調査を敢行した。

*  *  *
 この夏のある日、多治見市を、埼玉県熊谷市と高知県四万十市のゆるキャラたちが訪ねてきた。暑さを競う街どうしながら仲がいいらしい3都市のゆるキャラが集結、「あついまちサミット2015 in 多治見」というイベントが開催されたのである。

 多治見のご当地キャラは、「アンパンマン」のやなせたかしさんデザインで、名産のウナギがモチーフの、「うながっぱ」。

 四万十も同じく四万十川のウナギの妖精、「アチチうなぎのしまッチ」。名前がすでに暑さアピールをしているが、水分補給用のペットボトルを首から下げ、熱中症対策の麦わら帽子をかぶっている。四万十市が日本記録の41.0度を記録した13年に、四万十川から飛び出してきたそうだ。

 熊谷のキャラは、源平合戦で有名な武将・熊谷次郎直実を名前に盛り込んだネコキャラ「ニャオざね」。ちなみにニャオざねとうながっぱは、日本気象協会の熱中症予防PR大使の大役もつとめている。

 うながっぱ、しまッチ、ニャオざねに、熱中症対策から聞いた。

「休憩をこまめに、30分以上十分にとって、なんといっても熊谷名物かき氷『雪くま』だにゃ!」

 と、ニャオざね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい