玉音放送、防空壕公開“戦後70年”宮内庁の意図は?

戦後70年

2015/08/05 11:30

「省みよ、『戦後』の原点を」──そんな強烈なメッセージが皇居から発せられたように感じた。宮内庁が8月1日に公表した地下防空壕(ぼうくうごう)と「玉音放送」。皇室取材を長年重ねた筆者も初めて見る現場画像、初めて聞く音声だ。安倍晋三首相の戦後70年談話の発表を目前に控えたタイミング。元朝日新聞編集委員・岩井克己がその「発信」の意味の読み解きを試みる。

あわせて読みたい

  • 戦後70年で公開! 昭和天皇が自らの玉音放送を聴いた場所

    戦後70年で公開! 昭和天皇が自らの玉音放送を聴いた場所

    週刊朝日

    8/5

    田原総一朗「天皇陛下のパラオ訪問ににじむ戦火への危機感」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「天皇陛下のパラオ訪問ににじむ戦火への危機感」

    週刊朝日

    4/20

  • 「新年のご感想」で満州事変に言及した天皇陛下の真意とは?
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    「新年のご感想」で満州事変に言及した天皇陛下の真意とは?

    週刊朝日

    1/15

    終戦の「玉音放送」 理解できず勘違いで「がんばれ」

    終戦の「玉音放送」 理解できず勘違いで「がんばれ」

    週刊朝日

    8/15

  • リアルすぎる「浮浪児」の人形 作家が自らの戦争体験を表現

    リアルすぎる「浮浪児」の人形 作家が自らの戦争体験を表現

    AERA

    8/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す