今年も「フレッシュ球宴」か…東尾修が嘆き (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今年も「フレッシュ球宴」か…東尾修が嘆き

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#東尾修
※イメージ

※イメージ

 西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、今年のオールスターゲームは若手中心で「役者不足」を感じたという。

*  *  *
 今年のオールスターゲームは、17日に第1戦(東京ドーム)、18日に第2戦(マツダスタジアム)が行われる。各リーグ28選手が出場するが、うち初出場はセ・リーグが12人、パ・リーグが13人。56人中25人だから、半数近くが初出場となる。毎年のように「フレッシュ球宴」などと言われている気がするな。

 10回以上の出場は巨人の阿部慎之助だけ。それだけ世代交代が速いということも言えるが、どこか寂しさを感じてしまう。球宴の顔ともいうべき各球団の主力がいて、そこに若手、中堅が入っていく図式ではなくて、フレッシュオールスターかと思いたくなるような状況だよな。

 昔の話を出して申し訳ないが、10回前後出場している常連選手がゴロゴロいて、ベンチの監督に近い位置で大きな顔をしている。若手が最初に出場する時なんて、どこに座っていいかもわからずに、隅のほうで静かにしていたものだ。いつか俺も……という意識で、回を重ねて5回を超え、年齢を重ねて、初めてベンチに自分の居場所ができてきた。さらに常連選手は本当にアクの強さもあった。結果も残していたし、スター選手の強烈な存在感というものが、球宴の重みをつくっていたことは間違いない。

 今回、慎之助はどう思うだろうな。「若手から刺激を受けたい」という趣旨のことを言うのかな。でも、トップは常に若手から見上げられる存在でなければいけないのは、今も昔も変わらない。その存在を慎之助一人で背負うのは厳しいよ。各球団の主力選手が球宴に出場できる状態を保ってもらいたいよな。球宴の出場回数にはプロ野球選手である以上、もっとこだわってほしいと感じるのは私だけではないはずだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい