“雑草”上原と“エリート”松坂、大リーグ・ピッチャーの明暗 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“雑草”上原と“エリート”松坂、大リーグ・ピッチャーの明暗

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
松坂(左)と上原。もう一度、「松坂フィーバー」が見たい (c)朝日新聞社 

松坂(左)と上原。もう一度、「松坂フィーバー」が見たい (c)朝日新聞社 

「上原は大学時代から国際試合で結果を出し続けていますが、海外での適応力の根本にあるのはハートの強さ。強い気持ちがあるからコンディション維持などの自己管理も投球フォームのメカニック的なことも繊細に自分で考えられて、ストイックになれるんです」

 上原のプロ1年目の有名なフレーズは「雑草魂」。 一方、同年にプロ入りした松坂大輔投手(34)は対照的だった。

「(上原は)スターでエリートの松坂を意識してました」(前出の大体大関係者)

 その松坂。ソフトバンクに移籍し、久々の日本球界復帰でキャンプでは大変な注目を集めていたが、現在は右肩筋疲労で故障離脱中だ。

「何かあれば取材する程度の注目度になりつつある」

 こう語るスポーツ紙デスクによると、彼はソフトバンクで孤高の人だとか。

「メジャー帰りで、ただでさえ厄介な存在なのに故障してしまい、ますます腫れ物に触るような雰囲気になっている。松坂も不安なんでしょう。実は、最近もチーム外の人にアドバイスを受けていましたが、そういう行動はチーム内の人間からすると鼻につきますから、ますます孤立する要素になります。戦力になれなかったら、いくら複数年契約でも、年俸が高いので、本人の決断が求められることになるでしょうね」

 雑草魂とエリート──。

 同年にプロ入りした2人の明暗は今、見事に逆転しているが、この先、どんな結末を迎えるのか?

(本誌取材班=一原知之、小泉耕平、牧野めぐみ、山岡三恵/今西憲之、黒田 朔)

週刊朝日 2015年5月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい