マネックス松本大は小学校退学? 問題児だった過去 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マネックス松本大は小学校退学? 問題児だった過去

このエントリーをはてなブックマークに追加
マネックス証券代表取締役社長CEO松本大(まつもと・おおき)1963年、埼玉県生まれ。87年、東京大学法学部卒業後、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券に入社。90年、米投資銀行大手のゴールドマン・サックス証券に移籍。94年、30歳で同社最年少パートナー(共同経営者)に就任し、98年に退職。99年、ネット証券の草分けとなるマネックス証券を設立。現在、マネックスグループ及びマネックス証券CEO。事業持ち株会社であるマネックスグループは日本・米国・香港に子会社を有するグローバルなオンライン金融グループであり、個人向けを中心とするオンライン証券のマネックス証券を中心とする。カカクコム、ジェイアイエヌの社外取締役も務める(撮影/写真部・植田真紗美)

マネックス証券代表取締役社長CEO
松本大(まつもと・おおき)

1963年、埼玉県生まれ。87年、東京大学法学部卒業後、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券に入社。90年、米投資銀行大手のゴールドマン・サックス証券に移籍。94年、30歳で同社最年少パートナー(共同経営者)に就任し、98年に退職。99年、ネット証券の草分けとなるマネックス証券を設立。現在、マネックスグループ及びマネックス証券CEO。事業持ち株会社であるマネックスグループは日本・米国・香港に子会社を有するグローバルなオンライン金融グループであり、個人向けを中心とするオンライン証券のマネックス証券を中心とする。カカクコム、ジェイアイエヌの社外取締役も務める(撮影/写真部・植田真紗美)

 オンライン証券の大手、マネックスグループを率いる経営者として、ビジネス界で知らぬ者はない松本大さん。昨年はテレビ東京の人気キャスター、大江麻理子さんとの15歳差婚でも話題になったが、作家・林真理子さんとの対談で、講談社社員だった父のことを語った。

*  *  * 
林:そもそも松本さんは、東大の法学部を出てソロモン・ブラザーズに就職したんですよね。当時、東大を出てソロモンとかゴールドマン・サックスとかに行く人、いなかったでしょう?

松本:すごく少ないです。まだ採用し始めたばかりでしたから。

林:ふつうは官僚とか銀行ですよね。

松本:あるいは総合商社とか。そういう時代でしたね。

林:当時はバブルですから、東大法学部の学生さんといったら、リクルート、すごかったでしょう。高級料亭に連れていかれたりして。

松本:僕は自主留年して大学に5年いたんですけど、5年の夏に外資系証券会社の面接を受けて、決まったので握手をして、それっきりどこにも行かなかったんです。

林:そうなんですか。そのときからつまらない日本の常識や規範みたいなものが嫌いだったんですね。

松本:親父の影響が大きいですね。僕が幼稚園のとき、何か悪いことをして親父に「なんでこんなことしたんだ」と言われて、「先生がいいと言ったから」みたいなことを言ったんです。そしたら「おまえは教師が人を殺せと言ったら殺すのか」って、烈火のごとく怒られて。親父は昭和9年生まれの東京下町の人間で、空襲も受けてるので、自分の頭で考えずに一方的に何かを信じて動くのが大嫌いだったんです。僕はそれを植えつけられて育ったので、ずっと問題児で。小学校も2年生で退学になってるし。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい