【美意識ある生活】拭いて、拭いて、拭きまくれ! 「キョンセーム」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【美意識ある生活】拭いて、拭いて、拭きまくれ! 「キョンセーム」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ナノサイズの天然繊維が汚れを一掃 掃除が楽しみに変わるキョンセームキョンセームの天然コラーゲン繊維は、高性能人工クロスよりきめ細かく、使いこむほどに汚れとほこりを取る力が増す。汚れたら石けんで洗い、何度でも使える。貴金属や宝石の手入れにもおすすめ(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

ナノサイズの天然繊維が汚れを一掃 掃除が楽しみに変わるキョンセーム
キョンセームの天然コラーゲン繊維は、高性能人工クロスよりきめ細かく、使いこむほどに汚れとほこりを取る力が増す。汚れたら石けんで洗い、何度でも使える。貴金属や宝石の手入れにもおすすめ(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

用途に合わせて大きさを選ぶ(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

用途に合わせて大きさを選ぶ(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

一拭きで静電気と汚れを除去(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

一拭きで静電気と汚れを除去(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

 週刊朝日で好評連載中の「美意識ある生活」。生活品評論家の東海左由留(とうかい・さゆる)さんが厳選したひと品を紹介している。東海さんは日本とヨーロッパで「生活をより豊かに」をテーマに様々なアイテムやサービス、ライフスタイルを取材。自腹で購入し、時間をかけて使用感を検証している。

 今回は、春日のキョンセームを紹介する。

【美意識ある生活 他の逸品はこちら】

*  *  *
■拭いて、拭いて、拭きまくれ!

 こまめに掃除や手入れをしていても、ほこりや汚れは追いかけてくる。だから、わが家ではあちこちに春日(奈良県宇陀市)のキョンセームを置いている。気がつけば皮脂や指紋がべったりついているメガネやスマホに鏡や窓。すぐにほこりまみれになるテレビやパソコン。さらには艶が落ちてきた家具や漆器にと、とにかく何でも表面を傷つけず、びっくりするほどきれいになる拭き掃除の必需品なのだ。

 キョンセームのキョンとは、体長1メートルに満たない小型の鹿で、そのなめし革はセーム革の最高峰。中でも春日のキョンセームはシリコン加工をせずに伝統的な手法でつくられており、楽器の銘品の手入れや高級時計の時計師にこぞって愛用されている。

 掃除や手入れが億劫になるのは、手間をかけた割にはきれいになった実感が乏しいから。だが道具を選べば、「お!」という嬉しい驚きがあって掃除が癖になる。これが身の回りを美しく整えるコツの一つ。


<今日の逸品>
キョンセーム
カメラレンズ用一枚もの15デシ 4600円
20×20㎝ 1800円
15×15㎝ 1000円
(すべて税別)
問い合わせ先:春日

■本商品は朝日新聞社の通信販売「朝日新聞SHOP」(http://shop.asahi.com)でもご注文いただけます。
フリーダイヤル 0120-013-193(年末年始をのぞく毎日9:00~19:00)
※春日のキョンセームを注文する

週刊朝日 2015年3月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい