GPファイナル優勝も「羽生結弦は万全ではない」 その理由は?

フィギュアスケート

2014/12/21 11:30

 逆境になればなるほど、彼はとんでもないものを見せてくれる。12月14日(日本時間)にスペイン・バルセロナで行われたフィギュアスケートGP(グランプリ)ファイナル男子で、羽生結弦(20)が今季世界最高得点で1位となり、日本人初の連覇を果たした。五輪王者がその年のGPファイナルを制したのは、史上初だった。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す