消費者庁が注意勧告 レーシック手術のトラブル回避は正しい病院選び

健康

2014/04/15 11:30

 眼鏡やコンタクトがなくても、裸眼で遠くが見えるようになる手術、レーシック。大流行の兆しがみえた矢先の昨年末、消費者庁が待ったをかけた。「安易に受けることは避けるように」と注意勧告を発表したのだ。手軽さに潜むリスクを専門家が指摘する。

あわせて読みたい

  • 600人中4割に不具合が…専門家が指摘するレーシック手術の落とし穴

    600人中4割に不具合が…専門家が指摘するレーシック手術の落とし穴

    週刊朝日

    4/14

    レーシックを超えた! 近視矯正手術「スマイル」とは

    レーシックを超えた! 近視矯正手術「スマイル」とは

    週刊朝日

    11/13

  • 目がかすむ、ぼやける、考えられる病気は? 「疲れ」「加齢」ではない病気に注意!

    目がかすむ、ぼやける、考えられる病気は? 「疲れ」「加齢」ではない病気に注意!

    dot.

    4/2

    30代の人にもおススメ 老眼を救う「遠近両用コンタクトレンズ」

    30代の人にもおススメ 老眼を救う「遠近両用コンタクトレンズ」

    週刊朝日

    3/8

  • 「メガネは一生モノ」は間違い 10年で3回変えるべき理由

    「メガネは一生モノ」は間違い 10年で3回変えるべき理由

    週刊朝日

    10/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す