海堂尊氏のブラック・ジャック論 「『畸形嚢腫』を学んだときは、おおこれか、と」

2013/04/19 16:00

 法外な手術料を要求する無免許の天才外科医が、メスをふるって次々と奇跡を起こしていく――。『チーム・バチスタの栄光』などの著書もある、医師で作家の海堂尊さんに手塚治虫の傑作マンガ「ブラック・ジャック」への思いを聞いた。

あわせて読みたい

  • 手塚治虫の『火の鳥』が急激に売り上げを伸ばした理由

    手塚治虫の『火の鳥』が急激に売り上げを伸ばした理由

    dot.

    5/9

    手塚治虫が戦争を許す社会に警鐘を鳴らす『手塚マンガで憲法九条を読む』

    手塚治虫が戦争を許す社会に警鐘を鳴らす『手塚マンガで憲法九条を読む』

    AERA

    8/5

  • 伝説の編集者・鳥嶋和彦がみた“手塚治虫”と“ちばてつや”最大の違い

    伝説の編集者・鳥嶋和彦がみた“手塚治虫”と“ちばてつや”最大の違い

    dot.

    9/20

    「お金お金と言いながら、患者を治すマインドが熱い」 ブラック・ジャックの魅力

    「お金お金と言いながら、患者を治すマインドが熱い」 ブラック・ジャックの魅力

    週刊朝日

    4/22

  • 心臓外科医・南淵氏 「『ブラック・ジャック』は医療の『現場賛歌』です」

    心臓外科医・南淵氏 「『ブラック・ジャック』は医療の『現場賛歌』です」

    週刊朝日

    4/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す