鳩山母の遺言 「兄弟仲良く」と最後に念押し 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

鳩山母の遺言 「兄弟仲良く」と最後に念押し

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
(※イメージ)

(※イメージ)

 民主党の一時代の終わりを見届けたかのように、鳩山由紀夫元首相(66)、邦夫元総務相(64)の母、鳩山家の“ゴッドマザー”こと安子さんが2月11日、逝去した。90歳だった。邦夫氏が葬儀の挨拶で明かしたところによると、安子さんの遺言にはこう書かれていた。

「葬儀は質素に。そして、兄弟仲良く」

 かつて鳩山兄弟といえば、兄弟ゲンカが「お家芸」になっていたが、「今はつかず離れずのいい関係」(由紀夫氏周辺)とのこと。まさか兄弟親党再び、なんてことは……。

「由紀夫さんは、もう政治家に戻るつもりはないようです。ただ、国を憂いている。東アジア共同体が念頭にあって、1月に訪中したのもそのため。訪中後、『僕が何かやれば、批判されることはわかっている。でも誰かがやらないと』と言っていた。周囲としては“日本のカーター(元米大統領)”になればいいと思っているんですが」(同前)

 一方の邦夫氏は、昨年末に自民党にめでたく復党。

「地元財界や地方議員が党に要請して復党しましたが、存在感はゼロ。それに耐えられなくなって、また何かしでかすのでは、と言われてます」(自民党関係者)

 遺言通り、兄弟仲良く“居場所”を探しているようだ。

週刊朝日 2013年3月1日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい