家を買うなら今? 効果的な生前贈与の方法

住宅

2012/12/26 07:00

 自公政権の復活によって、民主党が掲げていた課税強化の方針はどうなるのか。税理士法人レガシィ代表社員税理士の天野隆さんは、「所得の少ない人、資産の少ない人には消費増税の負担が重くのしかかるので、その人たちの理解を得るために、安倍政権になっても3党合意に沿って、相続税など資産課税は強化されると思います。そうなれば、資産家に対する特別な税金だった相続税は、大衆税化することになります」と話す。

あわせて読みたい

  • 現金は「贈与」で節税――孫の入学金や留学費用負担も非課税の対象

    現金は「贈与」で節税――孫の入学金や留学費用負担も非課税の対象

    週刊朝日

    4/13

    最大5500万円が非課税で贈与できる! 終了間際の「特例」を専門家が解説

    最大5500万円が非課税で贈与できる! 終了間際の「特例」を専門家が解説

    dot.

    3/9

  • 非課税枠に縮減の可能性、タワマン節税は締め付け 変わる相続の常識

    非課税枠に縮減の可能性、タワマン節税は締め付け 変わる相続の常識

    週刊朝日

    11/8

    申告漏れ、バレたらどうなる? 相続税のQ&A!

    申告漏れ、バレたらどうなる? 相続税のQ&A!

    週刊朝日

    12/22

  • 「コツコツ生前贈与」で高い相続税を回避せよ

    「コツコツ生前贈与」で高い相続税を回避せよ

    週刊朝日

    12/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す