モロゾフ氏「安藤美姫と結婚考えた」発言の裏事情 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

モロゾフ氏「安藤美姫と結婚考えた」発言の裏事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
何でも欲しがるモロゾフと、美姫(右) (c)朝日新聞社

何でも欲しがるモロゾフと、美姫(右) (c)朝日新聞社

 師弟関係だった当時は、かたくなに熱愛報道を否定してきただけに、モロゾフ氏にいったいどんな心境の変化があったのか。

「現在、モロゾフが見ているロシアのアリョーナ・レオノワ選手の調子がいまひとつ。アレクセイ・ヤグディンや荒川静香に五輪金メダルを取らせて名をあげたモロゾフとしては、五輪で勝ちたい。美姫ちゃんは頑張ればメダルを狙えるので、コーチ復帰をもくろんで、揺さぶりをかけたんでしょう」(スケート関係者)

 実際、“復縁”はモロゾフ氏の得意技だという。08年に高橋大輔(26)に加え、織田信成(25)のコーチも務めようと“二股”をかけたために、高橋に師弟関係を解消された過去がありながら、12年に再び高橋のコーチに返り咲いたのだ。

週刊朝日 2013年1月4・11日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい