コラムニスト山田美保子氏が選ぶ「2012年上半期注目ツイート」ベスト3はコレ 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コラムニスト山田美保子氏が選ぶ「2012年上半期注目ツイート」ベスト3はコレ

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 12日に閉幕したロンドン五輪に関する総ツイート数はなんと1億5千万回を超えた。今年上半期はどんなつぶやきが注目を集めたのか、コラムニストの山田美保子氏がベスト3を紹介する。(カッコ内はフォロワー数)

 まず挙げたのは、映画監督の紀里谷和明(約2万4千人)。宇多田ヒカルは元妻だ。

〈まず作る方の若者に言いたい。「暴走してみないか?」次にお客さん達へ「少しだけ心を広いてもらえないか?」〉(7月31日)

「ある映画を批判するつぶやきを受けて言い放った言葉。無視せずにアーティストとしての立場から本音を言い返す姿が印象的」と山田氏。

 2つ目はいとうせいこう(約15万人)のこんなつぶやきだ。

〈洗濯機、電子レンジ、マッサージ機などは使う時以外、コンセントを抜いとく。それだけで去年以来うちの消費電力は半減してる。節電は大変ってイメージ、作られてると思う〉(7月30日)

「主婦の立場から役に立ったつぶやきといえばコレ」と山田氏は言う。

 最後は、糸井重里(約53万人)が「『ルールを守ろうよ』と呼びかけている」(山田氏)もの。

〈お相撲さんは真冬でも浴衣一枚で寒くない、と思っている人もいるようだが、寒いのは誰だって同じだ。「有名人」という人たちが、何を言われても平気だと思っている(あるいは考えもしない)人もいるらしいが、いやがらせをされていやな気持ちにならない人はいない。がまんしているだけだ〉(7月24日)

 山田氏は「炎上することが珍しくないツイッターの世界ですが、糸井さんの言葉だとすんなり心に入ってきます」と評価している。

l※週刊朝日 2012年8月31日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

山田美保子

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。フジテレビ系「Live News it!」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい