陸山会裁判 「控訴はヤバい」と頭を抱えるのは検察庁 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

陸山会裁判 「控訴はヤバい」と頭を抱えるのは検察庁

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 民主党小沢一郎元代表(69)の「陸山会裁判」の「無罪判決」を受けて、検察官役の指定弁護士が下した判断は「控訴」だった。

 控訴の報を受けて、法務省や検察の内部からは、

「もう終わりにしてほしかった……」

 との声が漏れたという。

 それはそうだろう。裁判が続くことで、最も困るのは検察かもしれない。一審で問題になった捜査報告書の虚偽記載疑惑など、彼らが闇に葬り去りたい「不祥事」が蒸し返される。「もうやめてほしい」というのが本音なのだ。

 ある検察幹部が語る。

「控訴と聞いて『まさか』と思いました。もう、このまますんなりと小沢氏の無罪で終わってほしかった。『控訴はヤバい』というのが正直な心境です。今回の判決では、無罪という結論以上に、我々があれほど捜査に力を入れた『水谷建設からのヤミ献金』疑惑が一蹴され、4億円は小沢氏の個人資産と認定されたのが痛い。検察としては、もうこれ以上、引きずられたくないという思いなんです。6月で退任する予定の笠間治雄検事総長も控訴を知って『本当なのか!?』と驚いていたそうですから」


※週刊朝日 2012年5月25日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい