陸山会裁判 「嘘」にまみれた報告書の中身

2012/03/14 09:55

 小沢一郎・元民主党代表(69)の資金管理団体「陸山会」をめぐる事件。裁判が行われ、検察官役の指定弁護士は3月9日、小沢元代表に「元秘書らとの共謀は十分に成立する」として禁錮3年を求刑した。だが、立証の柱だった検察官調書の大半は却下され、論告の中身はスカスカ。

あわせて読みたい

  • 小沢一郎、司法への挑戦状

    小沢一郎、司法への挑戦状

    週刊朝日

    10/20

    小沢裁判でも捜査報告書の捏造疑惑

    小沢裁判でも捜査報告書の捏造疑惑

    週刊朝日

    1/17

  • 小沢一郎氏の容疑は、検察がメディアを使って流布し続けた「妄想」

    小沢一郎氏の容疑は、検察がメディアを使って流布し続けた「妄想」

    週刊朝日

    5/8

    石川議員 特捜部から「小沢氏の4億円、検察審査会でクロになる」と言われていた

    石川議員 特捜部から「小沢氏の4億円、検察審査会でクロになる」と言われていた

    週刊朝日

    5/8

  • 元特捜部長「虚偽報告書は『記憶がごっちゃ』のわりにリアル」と指摘

    元特捜部長「虚偽報告書は『記憶がごっちゃ』のわりにリアル」と指摘

    7/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す