ロボット開発の今後 「役立つことより面白おかしく創ること」

2012/03/03 16:53

 単3電池2本でグランドキャニオンの断崖絶壁(約530メートル)を登頂したロボット「エボルタ」の開発や、2004年に代表作「クロイノ」が米タイム誌で「最もクールな発明」に選ばれたことで有名なロボットクリエーターの高橋智隆氏(36)。"ロボットの天才"と呼ばれる彼がロボット開発の今後を語った。

あわせて読みたい

  • 夏休み特別企画 ロボットと人工知能を知る24冊(前編)

    夏休み特別企画 ロボットと人工知能を知る24冊(前編)

    週刊朝日

    8/16

    ロボットは人間に勝てるのか? 生活の一部になるロボットの未来とは

    ロボットは人間に勝てるのか? 生活の一部になるロボットの未来とは

    dot.

    10/21

  • ロボットクリエイター・高橋智隆さんに聞く「人型ロボットの未来」

    ロボットクリエイター・高橋智隆さんに聞く「人型ロボットの未来」

    dot.

    10/22

    産業用ロボット生産数世界一の日本 ロボットが少子高齢化問題を解決する

    産業用ロボット生産数世界一の日本 ロボットが少子高齢化問題を解決する

    AERA

    10/27

  • 役に立たない? 「ポケットのないドラえもん」目指したロボット

    役に立たない? 「ポケットのないドラえもん」目指したロボット

    AERA

    1/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す