田原総一朗 「橋下市長は少子化問題に本気で取り組め」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗 「橋下市長は少子化問題に本気で取り組め」

連載「ギロン堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月13日、橋下徹大阪市長の「大阪維新の会」が次期衆院選に向けた政策集の原案を発表した。橋下氏は衆議院選には300人以上を出馬させ、約200議席を獲得すると意気込んでいる。そのための政策集を坂本龍馬の国家構想にちなんで「維新八策」と呼ぶ橋下氏に、ジャーナリストの田原総一朗氏も期待している。

*  *  *
 私は、橋下市長の「大阪都構想」はリアリティーがあると感じており、実現してほしいと期待している。
 
 そこで、この国を「こう変える」という「維新八策」だが、大阪都構想と重なる「公務員制度改革」や「教育改革」にはもちろん異議はない。

 だが、「憲法改正」となると、戦力の不保持をうたう9条をなくし、自衛隊を軍隊とするべきだとする勢力が同調し、日本の安全保障のあり方が大きく変わることになるだろう。

 橋下市長は、9条をなくし、自衛隊を軍隊にすることをどう考えているのか。「維新の会」が組む可能性がある石原慎太郎東京都知事は、9条をなくし、核武装すべきだと主張している。いま日本は重大な転換期にあり、この問題はぜひ詰めてほしい。

 実は、私は日本が抱える最も深刻な問題は、少子化=人口減少だと強く感じている。少子化によって2005年から人口が減少し始め、出生率1.26程度の少子化が続くと、100年後には日本の人口が5千万人を切ってしまう。年金をはじめとする現在の社会保障制度が、すべて吹き飛んでしまうのだ。「維新八策」ではこの重大問題に全く触れていないが、本気で取り組んでもらいたい。

※週刊朝日 2012年3月2日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい