尖閣問題に見る中国の焦り

尖閣

2010/10/20 18:29

 尖閣諸島沖の衝突事件やノーベル平和賞授賞などをめぐり、中国の強硬ぶりが目立つ。「オレ様外交」に怒りを覚えた人も多かっただろう。だが、ジャーナリストの富坂聰氏は、中国こそが国際的に追いつめられ、焦っているのだと指摘する。強気の裏にある実情を聞いた。

あわせて読みたい

  • 「ワクチン外交」で中国の覇権強化 米国の包囲網構想に陰り

    「ワクチン外交」で中国の覇権強化 米国の包囲網構想に陰り

    週刊朝日

    3/5

    習近平が日本に仕掛ける局地戦を防げるのか

    習近平が日本に仕掛ける局地戦を防げるのか

    週刊朝日

    6/11

  • 香港の活動家 尖閣上陸は「米国のアジア支配に対抗するため」

    香港の活動家 尖閣上陸は「米国のアジア支配に対抗するため」

    AERA

    11/19

    田原総一朗「賢くならねば、日本は必ず孤立する」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「賢くならねば、日本は必ず孤立する」

    週刊朝日

    4/11

  • 「日米基軸」を前面に出す安倍外交の裏の顔

    「日米基軸」を前面に出す安倍外交の裏の顔

    AERA

    6/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す