東北 9日(土)明け方にかけて日本海側中心に大雪に注意、警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 9日(土)明け方にかけて日本海側中心に大雪に注意、警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


冬型の気圧配置が強まっていて、日本海側ほど断続的に雪が降っています。9日(土)明け方にかけては日本海側中心に雪が降り、積雪がさらに増える恐れがあります。大雪に注意、警戒して下さい。また、風も昨日(木)ほどではないものの、強く吹いてふぶく所があるでしょう。

酸ヶ湯(青森県)では積雪3メートルに達する

日本海側を中心に雪が降り続き、積雪が増えています。青森県の酸ヶ湯では全国のアメダスで今季初めて積雪が3メートルに達しました。また、福島県只見町では午前5時までの24時間で51センチの雪が降り、積雪は一時168センチまで増えました。

日本海側の山沿いほど積雪さらに増える恐れ

このあとも強い冬型の気圧配置が続くため、日本海側を中心に雪が降り、大雪となる所がありそうです。また、雪雲が予想以上に発達し、同じ場所で降り続いた場合には、警報級の大雪となる可能性があります。

きょう(金)正午から9日(土)正午までに予想される雪の降る量は、いずれも多い所で、

東北日本海側の山沿いで60センチ、

東北日本海側の平地で40センチ

東北太平洋側の山沿いと平地で30センチの予想です。

また、日本海側の海上を中心に西よりの風が強く、ふぶく所もあるでしょう。波はしける見込みです。

きょう(金)から9日(土)にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)

東北日本海側 海上 15メートル(25メートル)

東北日本海側 陸上 12メートル(25メートル)

きょう(金)から9日(土)にかけて予想される波の高さ

東北日本海側 5メートル

12日(火)南岸低気圧で広く雪? 来週は徐々に厳しい寒さ緩む

10日(日)になると日本海側の雪の降り方は弱まる所が多いでしょう。一方、太平洋側は日差しが届きますが、内陸や山沿いでは雪雲の流れ込む所がありそうです。また、12日(火)頃は南岸低気圧の影響で、東北太平洋側でも広く湿った雪の降る可能性があるため、最新の予報を確認するようにして下さい。

気温は11日(月)成人の日にかけて平年を下回る所が多いでしょう。また、あす(土)朝は福島で-9℃、仙台でも-8℃など、南部の太平洋側でも冷え込みがかなり厳しくなる予想です。水道管凍結には十分注意して下さい。

来週になると徐々に厳しい寒さが緩んで、平年を上回る日もありそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい