週間天気 台風9号 沖縄は不要不急の外出を控えて 西日本に接近の恐れも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 台風9号 沖縄は不要不急の外出を控えて 西日本に接近の恐れも

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


台風9号は「非常に強い」勢力に発達して、31日~9月1日に沖縄地方に接近する予想です。沖縄は大荒れの天気となりますので、暴風や高波に厳重に警戒してください。台風は、2日~3日は、西日本に接近する恐れもあります。

台風9号 特徴は?

台風9号は、30日3時現在、「強い」勢力で、フィリピンの東で、ほとんど停滞しています。この台風は、発達しながら北上し、31日から9月1日にかけて「非常に強い」勢力に発達して、沖縄地方に接近する予想です。

今のところ、台風の特徴は、大きく2つ。1つは、発達して沖縄に近づくこと。もう1つは、台風の進むスピードが遅いことです。このため、沖縄では「大荒れの天気」が「長引く」恐れがあります。

沖縄・奄美は 台風による暴風や高波に 厳重警戒

【沖縄】台風の接近に伴って、沖縄地方では、31日夜から風が強まるでしょう。9月1日にかけては、一部の電柱が倒壊したり、建物の一部が広い範囲に飛散するほどの「猛烈な風」が吹きそうです。31日にかけて予想される最大瞬間風速は、沖縄地方で50メートルとなっています。

また、沖縄地方では、31日夕方から「猛烈なしけ」となり、31日にかけて予想される波の高さは12メートルとなっています。

さらに、31日夕方からは、雨も強まり、9月1日6時までの24時間に予想される雨量は、沖縄地方の多い所で200~300ミリとなっています。

不要不急の外出は控え、建物の中では窓から離れるなど、暴風や高波に厳重に警戒してください。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫にも警戒・注意が必要です。

【奄美】31日夕方~9月1日は非常に強い風が吹き、沿岸の海域では、31日~9月1日は、うねりを伴い猛烈にしけるでしょう。31日に予想される最大瞬間風速は30メートル、波の高さは10メートルとなっています。うねりを伴った高波に厳重に警戒し、暴風にも警戒してください。

各地の週間予報 ポイントは?

【西日本】台風に警戒が必要なのは、沖縄や奄美だけではありません。台風9号は沖縄地方に近づいたあと、東シナ海を北上し、次第に進路を東よりに変えて、9月2日~3日には、西日本に接近する恐れもあります。また、台風本体が近づかなくても、台風周辺の「暖かく湿った空気」が流れ込むと、2日~3日頃は、雨の降り方が強まることも考えられます。台風の進路次第では、予報が変わることもありますので、最新の予報を確認してください。

さらに、西日本では、週の前半は、暑さにも警戒が必要です。最高気温は、1日頃まで35度を超えて、体温並みの暑さの続く所もあるでしょう。まだまだ熱中症対策を、心掛けてください。

【東日本】関東甲信や東海は、31日も晴れて、厳しい残暑が続くでしょう。ただ、31日午後~1日は、山沿いを中心に、広く雨が降りそうです。週の後半は、雨の降りやすい日が続くでしょう。晴れる日は、洗濯など日差しを有効にお使いください。

【北日本】雨の降る日が多いですが、ポイントは「気温」です。札幌では、31日の日中も、肌寒さが続くでしょう。ただ、このまま季節が進むわけではなく、1日には、北海道では天気がいったん回復して、また暑くなりそうです。週の後半は、仙台でも30度近くまで気温の上がる日があるでしょう。服装で上手に調節してください。

【西日本】近畿・中国・四国・九州北部地方・九州南部

【東日本】関東甲信・北陸・東海地方

【北日本】北海道・東北地方

なお、この情報は30日(日)の資料をもとに作成しています。台風の進路によって、荒天の期間や影響が変わる可能性がありますので、最新の情報を確認してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい