12日 春の嵐 全国的に荒れた天気に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

12日 春の嵐 全国的に荒れた天気に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


きょう12日は、発達する低気圧の影響で、沖縄や九州から関東で雨や雷雨で風が強まる所も。東北は晴れ間があるが、昼頃にかけ雨や雷雨の所。北海道は、日中は晴れる。

12日(日)の天気 沖縄や九州から関東、東北 雨や雷雨

【天気のポイント:春の嵐】

きょうは東シナ海の低気圧が発達しながら東北東に移動して、夜は四国の南に進む。この影響で、けさは沖縄から近畿にかけての広い範囲で雨が降っています。このあと雨の範囲は東に移り、東海は昼頃から、北陸と関東は夕方から夜には雨が降る見込みです。大気の状態が不安定になりますので、激しい雨が降る所や、カミナリが鳴る所があるでしょう。雨の範囲は、あす13日(月)には、東北まで及ぶでしょう。

あす13日午前6時までに予想される雨量は、いずれも多い所で、東海地方で180ミリ、伊豆諸島で100ミリ、中国地方で80ミリです。また、その後あさって14日午前6時までに予想される雨量は、いずれも多い所で、東北地方と関東甲信地方、中国地方で100から150ミリ、東海地方と伊豆諸島で50から100ミリとなっています。

せっかくの日曜日ですが、大雨がもたらす土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒や注意をしなければならないレベルです。お近くの気象台から発表される警報や注意報、気象情報などに、ご注意下さい。また、雷雨の原因になる積乱雲の周囲では、落雷や竜巻などの突風、ひょうの可能性も考えられます。ゴロゴロという音が聞こえたら、頑丈な建物の中で安全確保をなさってください。

【九州から四国や本州 暴風や高波も】

低気圧の周辺では、風が吹き荒れ、海上は高波が発生する恐れがあります。あす13日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、九州北部地方、九州南部と中国地方、四国地方で25メートル(35メートル)、近畿地方と東海地方で23メートル(35メートル)、東北地方で20メートル(30メートル)です。また、13日にかけて予想される波の高さは、九州北部地方と中国地方、伊豆諸島、東北地方で6メートル、奄美地方や九州南部地方、四国地方、近畿地方で5メートル、東海地方で4メートルです。風が強くなってきたら、外出は危険になります。仕事や買い物で外出が必要な方は、物が飛ばされてこないかなどに気を配りながら歩きましょう。車を運転される方は、橋やトンネルの前後などでの横風にも、ご注意下さい。ハンドルは、しっかりと、かつ余裕をもって握り咄嗟の時に備えてください。高波が打ち寄せる海岸は、危険と隣り合わせですから、近づかないようにしましょう。

12日(日)の気温 きのうより低い所が多く、2月並みの所も

青空の北海道は、きのうと同じか高くなりますが、日中は曇り空の所が多い東北や北陸は、きのうと同じくらいの所が多いでしょう。関東から九州と沖縄では、きのうを下回って、多くの所で3月並みの気温です。暖かくしてお過ごしください。

北海道は10度を下回る所が多く、晴れても空気はヒンヤリとするでしょう。東北北部は10度前後、東北南部から関東と北陸や東海は15度前後でしょう。日差しがあっても控えめなため寒く感じる一日です。近畿から中国地方と九州北部は10度前後、四国と九州南部は15度から20度でしょう。近畿から九州では、平年より5度以上低く、2月並みの寒さになる所もありそうです。春だというのに「寒の戻り」です。沖縄は20度前後ですが、こちらも冬の寒さに戻る所がありそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい