大晦日は強烈寒波が襲来 三が日も寒い 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大晦日は強烈寒波が襲来 三が日も寒い

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


31日の大晦日は日本付近に強い寒気が流れ込むでしょう。元日にかけて北海道から北陸を中心に大荒れの恐れ。今季は、これまで寒気が流れ込んでも一時的でしたが、状況が変わりそうです。

27日(金) 強い寒気が南下中

27日(金)は、東北付近を低気圧が通過し、強い寒気が南下しています。低気圧は日本の東で発達し、28日(土)朝にかけて、上空1500メートル付近で、平地で雪の目安とされる氷点下6度以下の寒気が、近畿や東海、関東まで流れ込むでしょう。全国的に北風が強めに吹く見込みです。北海道から北陸にかけて、日本海から次々に雪雲が流れ込むでしょう。関東北部にも雪雲がかかっており、28日(土)の昼前にかけて、山沿いで大雪になる恐れがあります。大雪による交通への影響や路面の凍結に警戒が必要です。ただ、今回の寒気の流れ込みは、長く続くことはない見込みです。

大晦日~元日 強烈寒気が襲来 山は猛吹雪

31日(火)大晦日は、低気圧が発達しながら北海道付近を東へ進むでしょう。上空1500メートル付近で、氷点下6度以下の寒気が関東や近畿ばかりでなく、中国地方にも流れ込む見込みです。氷点下9度以下の寒気は、北陸まで流れ込むでしょう。輪島の上空で、今季、最も強い寒気が予想されています。全国的に北風が強めに吹き、暴風になることもあるでしょう。高い山は、猛吹雪になり、登山は危険です。初日の出登山などは、中止を視野に入れた計画の見直しが必要です。山だけでなく、日本海で発生した雪雲が、北海道や本州に次々に流れ込み、北海道から北陸を中心に大荒れになる恐れがあります。

低気圧は、1月1日(水)元日にかけてオホーツク海でさらに発達する見込みです。北海道を中心に、元日にかけて、猛ふぶきや吹きだまりによる交通への影響、暴風に警戒が必要です。

2日(木)、3日(金) 北海道から北陸 雪雲の流れ込み続く

今季は、これまで日本付近への強い寒気の流れ込みは、長く続くことがありませんでした。ところが、31日(火)大晦日に北海道付近を通過した低気圧は、千島近海で、動きがやや遅くなるため、これまでと違い、日本付近に寒気が流れ込みやすい状態が、数日続きます。2日(木)、3日(金)も、北海道から北陸を中心に北または西風が強めに吹き、日本海から雪雲が流れ込むでしょう。北海道や東北北部では、雪雲が太平洋側へ流れ出すこともありそうです。関東や東海、近畿から九州は、風は収まってきても、冬らしい寒さが続く所が多いでしょう。

寒気の流れ込み続くのか

寒気は、1月5日(日)頃まで、強弱を繰り返し日本付近に流れやすい状態が続く見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい