四国 各地で夏日 半袖の陽気もあすは一転冬の寒さに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

四国 各地で夏日 半袖の陽気もあすは一転冬の寒さに

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


日本海を発達しながら進む前線を伴った低気圧に向かって南寄りの風が吹き込み、各地で季節外れの暖かさとなっています。特に瀬戸内側では南寄りの風が四国山脈を越えて吹きおりて昇温するフェーン現象効果が加わり、25度以上の夏日となった所も多くなりました。愛媛県の四国中央では14時までの時点で25度8分まで上がり、11月としては観測史上1位の高温となりました。

雨の後、気温急降下!

これから、四国地方を前線が通過する予想です。前線の後ろには冷たい空気が控えています。今夜にかけて、この前線が通過して雨が降った後、あすはこの時季らしい寒さとなるでしょう。きょうとの気温差が大きく、また風も強まるため、体感的にもぐっと寒く感じられそうです。

今週も寒暖差の大きい1週間に

向こう1週間の天気と気温を見てみましょう。汗ばむ陽気となった所があるきょうと一転して、あす19日(火)から21日(木)にかけて気温は平年並みとなりそうです。朝晩は冷え込んで、日中も上着が欲しい肌寒さとなるでしょう。22日(金)からは寒気も緩み、週末は再び日中も20度を上回る暖かさとなりそうです。まだ寒さは定着しませんが、気温差が大きいときほど体調を崩しやすくなりますので、着るものなどでこまめに調整しましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい