熱帯低気圧は東海上へ 厳暑と雷雨もたらす暖湿気流入

tenki.jp

メイン画像 (07:58)tenki.jp

メイン画像 (07:58)tenki.jp

28日(日)は、日の差す所が多く、厳しい暑さに。気温が35度近くまで上がる所も。熱中症に警戒。午後は所々で激しい雨や雷雨。屋外でのレジャーなどは天気の急変に注意。

午後は大気の状態が不安定

28日(日)は、熱帯低気圧は関東の東へと進み、温帯低気圧に変わる見込みです。熱帯低気圧が持ち込んだ暖かく湿った空気が本州に残るでしょう。さらに、本州付近に太平洋高気圧の縁を回って暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。午後は、九州から東北にかけて大気の状態が不安定になるでしょう。朝は東北の太平洋側や関東では千葉や茨城で雨が降る見込みです。千葉では昼頃にかけて雨が降りやすいでしょう。
日中は、沖縄、九州から北海道にかけて、日の差す所が多い見込みです。午後は、九州から東北の山沿いで雲が発達するでしょう。所々で雷が鳴り、激しい雨が降る見込みです。平地でも、にわか雨や雷雨の所があるでしょう。北海道は、道東で通り雨の所がある見込みです。

日中の気温 35度近くまで上がる所も

全国的に、気温はグングンと上がる見込みです。北海道でも太平洋側で、午前中に30度くらまで上が所がある予想です。湿度も高めで、蒸し暑いでしょう。九州から東北の内陸では最高気温が35度近くになる所がある予想です。

注意すること

関東など台風6号や熱帯低気圧の影響による大雨となった所では、地盤が緩んでいることがあります。土砂災害に注意して下さい。
山のレジャーは急な激しい雨にご注意下さい。また、川では上流で降った大雨で急に増水することがあります。川のレジャーはその場で雨が降っていなくても注意が必要です。発達した積乱雲の下では、竜巻などの突風が吹いたり、雹(ひょう)が降ることがあります。急に空が暗くなる、冷たい風が吹いたら、天気急変の前触れです。安全な建物の中に避難するようにしましょう。
日差しが強い時期です。お出かけの前には日焼け止めを塗るなど、万全な対策をしておきましょう。

熱中症情報

朝から25度を超えている所があり、日中は厳しい暑さになるでしょう。湿度が高いため、汗が蒸発しにくく熱中症の危険が高まります。水筒を持ち歩くなど、こまめな水分補給を心がけましょう。室内でも冷房を適切に使用するなど、十分な対策をとって下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック