台風6号 今年初めて列島上陸か 荒天のち猛烈な暑さ

2019/07/26 18:37

メイン画像
メイン画像
台風6号が近畿から関東甲信に接近、上陸の恐れがあります。局地的に傘が役に立たないような雨が降り、大雨となるでしょう。風も強まりそうです。 台風6号 上陸の恐れ
画像A
画像A
台風6号は今後も北上し、27日(土)朝には紀伊半島に接近・上陸する恐れがあります。その後、進路を東よりに変えて東日本太平洋側を進み、28日(日)朝までに熱帯低気圧に変わり、関東甲信に接近するでしょう。上陸すれば今年初めてです。 この台風の特徴は活発な雨雲が台風の東側にあることです。特に、台風の進路の東側の地域で、雨や風が強まる恐れがあります。非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所もあるでしょう。非常に激しい雨や激しい雨とは傘が役に立たないような降り方で、道路が一気に川のようになってしまうこともあります。土砂災害や河川の増水、地下街などの低い土地の浸水、道路の冠水に注意、警戒が必要です。 各地の注意・警戒ポイント 【近畿】台風の北側の雨雲が紀伊半島にかかりはじめており、26日(金)夜は風も強まるでしょう。27日(土)の日中が雨のピークで、局地的に激しい雨が降り、大雨の恐れがあります。 【東海】台風は東海付近で進路を東寄りに変えるため、影響が長引く可能性があります。26日(金)夜は激しい雨の降る所があるでしょう。27日(土)の午後はさらに活発な雨雲がかかり、局地的に非常に激しい雨が降る見込みです。沿岸部では風も強まり、横殴りの雨の所もあるでしょう。 【関東甲信】雨のピークは2回ありそうです。27日(土)の朝にかけてと、27日(土)の夜から28日(日)の午前中にかけてです。いったん雨がやんだとしても油断は禁物です。一気に道路が冠水してしまうような激しい雨の降る所があるでしょう。沿岸部を中心に風も強まり、列車の遅れや高速道路の規制など、交通機関に影響の出る可能性もありますので、ご注意下さい。 【海上】太平洋側の海上はうねりを伴って波が高いでしょう。近畿、東海、関東、伊豆諸島では4メートルの波が予想されています。海水浴シーズンですが、海のレジャーは控えて下さい。 週明けは夏空と酷暑 29日(月)以降は広く晴れて、遅れている東海や関東甲信も梅雨明けとなりそうです。夏空とともに猛烈な暑さになるでしょう。気象庁から「高温に関する全般気象情報」も発表されました。九州から近畿では28日(日)から8月2日(金)頃にかけて、東海から関東甲信では29日(月)から8月2日(金)頃にかけて晴れて、最高気温が35度以上となる所がありそうです。台風の荒天のあとは熱中症に注意が必要です。

あわせて読みたい

  • 台風6号が土日を直撃 特に「警戒地域」は台風の東側

    台風6号が土日を直撃 特に「警戒地域」は台風の東側

    tenki.jp

    7/26

    台風6号 最接近と雨風ピークは? 非常に激しい雨も

    台風6号 最接近と雨風ピークは? 非常に激しい雨も

    tenki.jp

    7/26

  • 台風6号 東側で激しい雨 静岡県に土砂災害警戒情報

    台風6号 東側で激しい雨 静岡県に土砂災害警戒情報

    tenki.jp

    7/27

    強い台風12号 大雨や暴風の警戒期間

    強い台風12号 大雨や暴風の警戒期間

    tenki.jp

    7/27

  • 台風6号 上陸前から危険な雨 東海から関東へ

    台風6号 上陸前から危険な雨 東海から関東へ

    tenki.jp

    7/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す