関東 雨雲がわいてきました 帰宅時に発達予想

tenki.jp

関東地方は、平野部でも所々に雨雲を確認。帰宅時は激しい雨や雷雨の所がありますので、土砂災害、低い土地の浸水、川の増水、落雷や竜巻などの突風、ヒョウに注意・警戒して下さい。

雨雲発達中 平野部でも

関東地方は、南から暖かく湿った空気が流れ込んでいるところに、上空に寒気を伴った気圧の谷が通過しているため、大気の状態が非常に不安定になってきました。すでに、山沿いだけでなく、千葉県など平野部でも、あちらこちらで、雨雲が確認されています。11時半現在、アメダスの地点では、まだ強い雨は観測されていませんが、この後は、広い範囲で、雨雲が発達するでしょう。

雨雲やカミナリ雲 発達のピークが 帰宅時間帯の恐れ

関東では、夜遅くにかけて、カミナリを伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、大雨となる所がありそうです。これは、バケツをひっくり返したような雨で、傘をさしていても濡れてしまうほどの雨です。また、アンダーパスなどの道路が川のようになったり、高速道路ではハイドロブレーニング現象によって、ブレーキが効かなったりするほどでしょう。土砂災害、低い土地の浸水、川の増水、落雷や竜巻などの突風、ヒョウに注意・警戒が必要です。
また、雨雲やカミナリ雲が発達するピークが、ちょうどお帰りの時間帯に重なる恐れがあります。交通機関に影響がでることも考えられますので、空模様の急な変化には、十分お気をつけ下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック