週間 乾燥続く太平洋側に雨 寒暖差に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 乾燥続く太平洋側に雨 寒暖差に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


北海道や東北は31日(木)から2月1日(金)にかけて日本海側を中心に大荒れの恐れ。九州から東海は31日と2月3日(日)は雨で、雨雲は関東にもかかりそう。1日は全国的に厳しい寒さ。節分は春先の気温に。

あすの天気 朝と日中の気温差が大きい

30日(水)は、高気圧が本州の南を東へ移動する見込みです。夜には前線を伴った低気圧が北海道に近づくでしょう。日本列島に南から湿った空気が流れ込みそうです。
沖縄、九州から北海道にかけて日差しの届く所が多い見込みです。ただ、東北の日本海側では上空の気圧の谷の影響で雲が多いでしょう。近畿から関東もスッキリ晴れとはならず、雲の広がる時間帯がありそうです。雨の降る確率は低くなっています。夜は北海道や東北は日本海側を中心に南よりの風が強まるでしょう。北海道の日本海側では雪が降りだす見込みです。夜遅くには東北北部にも雪雲がかかり、北陸や中国地方と九州北部も所々で雨が降りそうです。最低気温は、けさ(29日)より低くなる所が多い見込みです。北海道では大幅に低くなる所があり、強い冷え込みとなりそうです。東北北部もけさより5度くらい低くなる所があるでしょう。最高気温は、関東はほぼ平年並みの予想です。冷たい北風はおさまるでしょう。沖縄や九州から東海と北陸から北海道にかけては3月上旬から中旬並みと、春先の陽気となる所が多い見込みです。全国のアメダス地点のおよそ8割で、朝の気温より10度以上も高くなる予想です。調節しやすい服装がいいでしょう。

あさって以降の天気 天気も気温も短い周期で変化

この先、寒さが緩んだり、厳しい寒さになったりと、気温の変化が大きいでしょう。体調を崩さないようお気を付け下さい。
31日(木)は、本州の南を低気圧が東へ進む見込みです。四国から東海にかけて雨が降るでしょう。関東も南部を中心に雨雲がかかりそうです。2月1日(金)にかけて、北日本を中心に冬型の気圧配置となるでしょう。上空1500メートル付近で、大雪の目安とされる12度以下の寒気が北陸付近まで流れ込む見込みです。年末に流れ込んだ寒気と同じくらいか、強い寒気です。31日は北陸も雨や雪で降り方の強まることがあるでしょう。近畿から九州にかけては日本海から雨雲が流れ込み、真冬の寒さとなりそうです。北海道や東北では、1日にかけて日本海側を中心に大荒れとなる恐れがあります。1日は全国的に厳しい寒さになるでしょう。2日(土)は、大陸の高気圧が日本の南まで移動する見込みです。九州から関東にかけて晴れるでしょう。東北や北海道には日本海から雪雲の流れ込みが続きそうです。3日(日)は、気圧の谷が日本列島に接近し、通過する見込みです。九州から関東は再び曇りや雨となりそうです。東北や北海道も太平洋側も含めて雪や雨でしょう。2日から3日は寒さが緩みそうです。最高気温は九州から東北で3月上旬並みと春先の気温となる所が多い見込みです。4日(月)から5日(火)は、北日本を中心に冬型の気圧配置となり、上空1500メートル付近で氷点下12度以下の寒気が東北付近まで南下する見込みです。九州から関東の天気は回復し、日差しが戻るでしょう。北陸から北海道は風が強まりそうです。北陸は雨や雪が降るでしょう。東北や北海道は日本海側を中心に雪が降り、雪雲は太平洋側にも流れだしそうです。4日は立春で、暦の上では春となりますが、北海道や東北では真冬の寒さに戻るでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい