関東も一部が暴風域に 交通機関に影響も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東も一部が暴風域に 交通機関に影響も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


関東では、房総半島の一部が台風の暴風域に入りました。強い台風12号は、今夜(28日)関東に最も接近する見込みで、交通機関に影響の出ている所もあります。あす(29日)にかけて警戒を続けてください。

房総半島の一部が暴風域に

強い台風12号は、きょう(28日)午後4時現在、三宅島の南東にあって、1時間におよそ45キロの速さで西北西へ進んでいます。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルです。関東では、房総半島の一部が暴風域に入りました。台風は今後も強い勢力を維持したまま、今夜、関東地方に最も接近する見込みです。

あすの明け方まで警戒、交通機関に影響も

関東はすでに広い範囲で台風の発達した雨雲がかかっています。今後台風12号は強い勢力を維持したまま、暴風域を伴って関東にさらに近づく見込みです。今夜(28日)遅くにかけて陸上では何かに掴まっていないと立っていられないような暴風が吹き荒れ、海上では猛烈な風が吹いて、うねりを伴った猛烈なしけとなるでしょう。大潮の時期と重なっていて1年でも潮位の高い時期なので、満潮の時刻と重なるとさらに潮位が高くなります。沿岸では高潮に警戒してください。すでに交通機関に影響の出ている所もあり、今後もダイヤが乱れたり、運休が発生することも考えられます。不要不急の外出は避けた方がよいでしょう。
あす(29日)の未明にかけては大雨にも警戒が必要です。カミナリを伴って、息苦しくなる程の猛烈な雨の降る所もあるでしょう。傘は全く役にたたず、水しぶきであたり一面が白っぽく視界が悪くなることもありそうです。山沿いでは東側や南側の斜面で雨の量が増える恐れがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。暗い時間帯に雨や風のピークとなるため、避難をするのはかえって危険です。近所の川や用水路の様子は決して見に行かないようにしてください。落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうにも注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい