週間 真冬並みの寒気再び 気温差注意

tenki.jp
29日から30日にかけて真冬並みの寒気が再びやって来るでしょう。北海道を中心に荒れた天気となりそうです。29日は全国的に気温が高めですが、30日には北海道から九州にかけて一気に気温が急降下。気温差にご注意ください。

あすの天気

あす29日は、前線を伴った低気圧が急速に発達し、寒冷前線が北海道から本州付近を通過するでしょう。前線が通過した後は冬型の気圧配置になり、夜には、北海道の上空に真冬並みの強い寒気が入るでしょう。
北海道の日本海側は雨か雪で、雷を伴う所がありそうです。昼前から海上を中心に風が非常に強く、海はしける見込みです。雪でふぶく所があるでしょう。吹きだまりによる交通障害や暴風に警戒してください。また、波も高くなりますので、高波にも注意が必要です。一方、北海道の太平洋側は大体晴れますが、風は強いでしょう。
東北の日本海側や北陸は昼前後に雨が降る見込みです。前線の通過後は、雨から雪に変わる所があるでしょう。風がやや強く吹き、海上では波が高くなる見込みです。
東北の太平洋側や関東、東海は晴れるでしょう。湿った空気が入る近畿から九州は雲が多く、にわか雨の所がある見込です。沖縄は晴れるでしょう。各地とも28日よりも気温が高く、関東から西では20度を越える所もありそうです。日中は上着なしで過ごせるほどの暖かさでしょう。

あさって以降の週間天気

あさって30日にかけて北海道の上空には真冬並みの寒気が入り、北海道では、海上を中心に非常に強い風が吹くでしょう。海はしけの状態が続く見込みです。北海道や東北の日本海側では所々で雪、関東甲信の標高の高い所でも雪となるでしょう。また、本州の南海上を前線が東へ進むため、関東から西でも広い範囲で雨が降る見込みです。
北海道から九州にかけて、最低気温、最高気温ともに、29日よりグンと低くなるでしょう。再び冬のコートの出番となりそうです。北海道や東北では1月並みや真冬並みの寒さの所が多く、前日より10度以上も一気に下がる所があり、気温差が非常に大きくなりそうです。体調を崩しやすくなりますので、服装などを工夫してお過ごしください。
師走に入り、1日から2日にかけても寒気の流入が続き、北海道や東北の日本海側では雪や雨の降る所が多いでしょう。関東から西では1日には天気が回復する見込みです。その後も晴れ間はありますが、雲が広がりやすい日が多くなりそうです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック