「平成29年7月九州北部豪雨」と命名 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「平成29年7月九州北部豪雨」と命名

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

気象庁は、平成29年7月5日から6日に九州北部地方で発生した豪雨について、「平成29年7月九州北部豪雨」と命名しました。

平成29年7月九州北部豪雨の概要

7月5日から6日にかけて、対馬海峡付近に停滞した梅雨前線に向かって暖かく非常に湿った空気が流れ込んだ影響等により、線状降水帯が形成・維持され、同じ場所に猛烈な雨を継続して降らせたことから、九州北部地方で記録的な大雨となりました。
九州北部地方では、7月5日から6日までの総降水量が多い所で500ミリを超え、7月の月降水量平年値を超える大雨となった所がありました。また、福岡県朝倉市や大分県日田市などで、24時間降水量が観測史上最多を更新するなど、これまでの観測記録を更新する大雨となりました。
※福岡県朝倉市では、1時間雨量が129.5ミリ、7月5日から6日の総雨量が586.0ミリ。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい