週間予報 西日本は梅雨空が続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間予報 西日本は梅雨空が続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
週間予報

週間予報

この先も梅雨前線が西日本に停滞し、西日本で大気の不安定な状態が続くでしょう。局地的な激しい雨に注意が必要です。来週は気圧の谷の影響で、北陸や東北、北海道も傘の出番です。

あすの天気

あす(6日・木曜日)は、梅雨前線が中国大陸から西日本に延びるでしょう。九州と中国、四国は雲に覆われ、所々で雨や雷雨がある見込みです。5日は中国地方の島根県で局地的な大雨になりました。大雨特別警報は解除され、大雨や洪水警報に変わりましたが、大雨になった地域は少しの雨でも土砂災害の恐れがあります。6日も引き続き警戒や注意をしてください。また、関東は湿った空気の影響で雲が広がりやすく、所々で雨が降るでしょう。日中の最高気温は30度を下回り、暑さは和らぐ見込みです。一方、近畿や東海、北陸や東北、北海道は晴れる所が多いでしょう。日中の気温はぐんと上昇し、北海道でも30度近くまで上がる所がありそうです。ただ、空気が比較的乾燥しますので、からりとした暑さになるでしょう。沖縄は夏空が広がる見込みです。

あさって以降の週間天気

札幌は、7日(金曜日)から8日(土曜日)は高気圧に覆われて晴れるでしょう。北海道内では最高気温が30度を超える所もあり、厳しい暑さに見舞われそうです。9日(日曜日)以降は、気圧の谷が近づくため、次第に雲が広がりやすくなり、来週は雨が降りやすくなるでしょう。東京は、湿った空気や前線の影響で、晴れ間も出ますが雲が広がりやすい見込みです。8日(土曜日)以降は暑さがぶり返し真夏日が続きそうです。夜も気温が高めで、寝苦くなるでしょう。一方、西日本に梅雨前線が停滞しやすいため、湿った空気が流れ込むでしょう。大阪や福岡は雲が広がりやすく、雨の降る日が多い見込みです。局地的にカミナリを伴い激しく降る恐れもあるでしょう。お出かけにはいつも折り畳み傘を忍ばせておくと良さそうです。大阪と福岡の日中の最高気温は30度を超え、蒸し暑い日と寝苦しい夜が続くでしょう。また、那覇は夏空が続く見込みです。最高気温は32度くらいまで上がる日が多いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい