九州の梅雨のような天気はいつまで? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州の梅雨のような天気はいつまで?

tenki.jp
中国大陸から連なる雲の帯

中国大陸から連なる雲の帯

太平洋高気圧が南から勢力を強めているため、九州の南海上には梅雨のように前線が停滞しやすくなっています。
あす(26日)は九州の南部や太平洋側を中心に雨が降りやすい見込みです。また、27日(水)から28日(木)は前線が北上し、前線上の低気圧が九州付近を通過するため、まとまった雨が降り、大雨になるおそれがあります。特に被災地は地盤が緩んでいるため、引き続き土砂災害に警戒が必要です。
九州の天気が本格的に回復するのは29日(祝)からとなりそうです。

前線が停滞

きょう(25日)の九州は北部の一部で晴れ間が出た所はありましたが、全体としては曇りや雨の所が多く、ぐずついた天気が続きました。熊本県の熊本市や南阿蘇村周辺は雨が降ったりやんだりの状態が続いています。一連の地震で揺れが強かった地域は土砂災害が発生するおそれがありますので、少しの雨でも警戒が必要です。

あす(26日)も九州は変わりやすい天気

あす(26日)も九州の南海上に前線が停滞します。東寄りの風に乗り、九州付近には湿った空気が流れ込んでくるでしょう。あす(26日)は九州の南部や太平洋側を中心に雨が降りやすい見込みです。熊本県や大分県など九州北部は晴れ間が出る所がありますが、一時雨が降る所もあり、変わりやすい天気になるでしょう。
日中の最高気温は九州北部の内陸を中心に25度前後まで上がるため、熱中症にお気をつけ下さい。喉の渇きを感じなくても、こまめに水分を摂るようにしましょう。室内でも風通しをよくしたり、通気性のよい服を着るなどすることにより、熱中症の予防につながります。

九州は今週中ごろ、大雨のおそれ

27日(水)から28日(木)は前線が北上し、前線上の低気圧が九州付近を東へ進むため、まとまった雨が降り、大雨になるおそれがあります。余震も続いていますので、特に被災地は引き続き土砂災害に警戒して下さい。今週は九州の南海上に延びている前線の動きに注意が必要です。

29日(祝)からやっと天気回復

29日(祝)から前線が九州から離れます。これにより九州の天気はようやく回復し、5月1日(日)にかけての連休は天気に恵まれそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい