太平洋側も雨具を 関東は花粉に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

太平洋側も雨具を 関東は花粉に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
各地の詳しい天気や気温は画像をクリック

各地の詳しい天気や気温は画像をクリック

都心のポイント予報(26日12時発表)

都心のポイント予報(26日12時発表)

あすは太平洋側でも雨や雪の降る所があり、お出かけの際は雨具が必要に。関東は南風が強まり、花粉が多く飛ぶ地点が増えそう。お出かけの際はマスクを。

雨具が必要な所は?

あす27日(土)は、低気圧が日本海から東北付近へ進みます。
このため日本海側は、北海道から九州北部かけての広い範囲に雨雲や雪雲がかかるでしょう。
雷を伴って一時的に降り方の強まる所もある見込みです。
また、日本海側だけでなく、太平洋側も雨具が必要に。
北海道から東北の太平洋側は所々に雪雲が流れ込みそうです。
東海や近畿、四国の早い所では夕方から、広島など山陽は昼前から雨が降り出すでしょう。
沖縄は全般に曇り空ですが、先島地方では午後は雨の降る所がある見込みです。
関東は夕方から曇り空に変わってきますが、雨雲がかかることはほとんどなさそう。
ただ、日中は南風が強まります。
都心のポイント予報を見てみますと、

風の強まる時間は?

都心ははじめ北よりの風ですが、昼前には南風に変わります。
昼過ぎから夕方にかけては風速5メートルくらいと、髪が乱れるような強さの風が吹く見込み。
強い風に乗って花粉がたくさん舞うでしょう。
花粉症の症状が強く出る方は、洗濯物は室内に干した方がよさそうです。
また、屋外に干す方も、花粉をしっかり払ってから取り込みましょう。
また、3月に入ると気温がグンと上がり、関東から西ではいよいよ「非常に多く」飛ぶ所が増えるでしょう。
何より花粉を吸いこまないことが肝心です。
マスク以外にも、メガネをかけたり、帽子をかぶったりすることで、花粉が体につくのをかなり防ぐことができます。
花粉症の方はこの先、できる限りの対策をとった方がよさそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい