水戸 これまでで最も遅い「初霜」

2015/11/28 04:30

28日、水戸で初霜を観測しました。統計開始以来、最も遅い「初霜」です。

本日28日、水戸で初霜を観測しました。 平年より22日遅く、昨年より14日遅い観測です。 日本付近は冬型の気圧配置で、強い寒気が居座っています。 水戸の午前4時までの最低気温は2度4分でした。 なお、水戸地方気象台によると、昨シーズンまでで最も遅い初霜は、1975年の11月25日とのこと。 今シーズンはこれよりさらに3日遅く、統計開始以来、最も遅い「初霜」となりました。

あわせて読みたい

  • 前橋 「初霜」「初氷」を観測

    前橋 「初霜」「初氷」を観測

    tenki.jp

    12/8

    今シーズン全国初 帯広で初氷と初霜を観測

    今シーズン全国初 帯広で初氷と初霜を観測

    tenki.jp

    10/16

  • 宇都宮 最も遅い「初氷」を観測

    宇都宮 最も遅い「初氷」を観測

    tenki.jp

    12/6

    網走で初霜 帯広で初霜・初氷 今季全国初

    網走で初霜 帯広で初霜・初氷 今季全国初

    tenki.jp

    10/18

  • 水戸と甲府で「初氷」 熊谷で「初霜」

    水戸と甲府で「初氷」 熊谷で「初霜」

    tenki.jp

    11/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す