朝の通勤、靴にしっとりと朝露が!『歳時記』は「白露」仲秋に入りました

2022/09/08 12:00

「朝露」が降りている! と気づいたら秋は深まり始めています。『暦便覧』によると「白露」とは「陰気ようやく重なりて露こごりて白色(はくしき)なればなり」とあります。万物を生成している陰陽の気が、春夏の陽気から秋冬の陰気へと変わりました。蒸し暑く身体に纏わり付いていた大気中の水蒸気が、冷やされ露となって白く見えてくるのが「白露」。湿潤な日本の気候では、水蒸気のありようが季節の移り変わりと密接です。ちょっとロマンを含んでいる「露」は私たちの生活の中に深く入り込んでいるようですよ。

あわせて読みたい

  • 朝に夕に草花に降りるしらつゆが輝いて。二十四節気「白露(はくろ)」

    朝に夕に草花に降りるしらつゆが輝いて。二十四節気「白露(はくろ)」

    tenki.jp

    9/7

    秋も深まります。二十四節気は露も冷たく感じる「寒露」です

    秋も深まります。二十四節気は露も冷たく感じる「寒露」です

    tenki.jp

    10/8

  • 季節は晩秋へ、二十四節気は「寒露」深まりゆく歩みは半歩から大きく一歩

    季節は晩秋へ、二十四節気は「寒露」深まりゆく歩みは半歩から大きく一歩

    tenki.jp

    10/8

    散策路にもきっと見つかる!趣き深い秋の野の花六選

    散策路にもきっと見つかる!趣き深い秋の野の花六選

    tenki.jp

    9/27

  • 七十二候「天地始めてさむし(てんちはじめてさむし)」

    七十二候「天地始めてさむし(てんちはじめてさむし)」

    tenki.jp

    8/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す