トンボとヤンマは何が違う?日本が秋津(トンボ)の国と言われてきたのはなぜ?

2022/08/24 20:30

暦の上ではもう秋。とてもそうは思えない陽気とはいえ、田んぼの稲穂は既に色づき、稔りの季節に着実に移行しています。春から活動してきた虫たちにとっても、秋は次世代の引き継ぎや冬眠に備えて、あわただしい季節となります。晩夏から秋を代表する虫は、「秋津虫」の名を戴くトンボです。古来日本は雅号で「大日本秋津國」、トンボの国を自称してきました。なぜ日本は「トンボの国」なのでしょう。

あわせて読みたい

  • 赤とんぼというトンボはいない? 知ってるようで知らない赤とんぼの謎

    赤とんぼというトンボはいない? 知ってるようで知らない赤とんぼの謎

    tenki.jp

    8/22

    空飛ぶエビフライ!?秋の日差しの中、キラめき翔ぶ不思議生物の正体は?

    空飛ぶエビフライ!?秋の日差しの中、キラめき翔ぶ不思議生物の正体は?

    tenki.jp

    9/15

  • 蛾界のスーパーアイドルグループ・SMGこと『スズメガ』はタレント揃い!

    蛾界のスーパーアイドルグループ・SMGこと『スズメガ』はタレント揃い!

    tenki.jp

    5/25

    知ってましたか?意外なところにある横浜市内のトンボの楽園

    知ってましたか?意外なところにある横浜市内のトンボの楽園

    dot.

    8/27

  • “昆活マイスター”香川照之の夏~秋「昆虫」オススメ5選

    “昆活マイスター”香川照之の夏~秋「昆虫」オススメ5選

    週刊朝日

    7/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す