マウンテンバイクでスキー場を疾走!MTBフィールド5選【夏のスキー場はいま】 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マウンテンバイクでスキー場を疾走!MTBフィールド5選【夏のスキー場はいま】

tenki.jp
ふじてんリゾート(山梨・鳴沢村)

ふじてんリゾート(山梨・鳴沢村)

スキー場の夏営業を紹介する連載の最終回は「マウンテンバイク」。MTB初心者向けや本格的なダウンヒル、ガイド付きのツーリングなど、多彩なコースをラインナップする5施設をピックアップしました。

写真のような壮大な景色のなかでのツーリングも爽快ですし、脚力に自信があるなら、本格ダウンヒルコースに挑戦するのもあり。この夏は、スキー場へMTB体験に出かけよう!

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で外出の自粛を呼び掛けている自治体がある場合は、各自治体の指示に従いましょう。


「Giro Gravel Bike Park Madarao」がOPEN!子供からコアまで対応する3ルート

2021年7月、斑尾高原スキー場(長野・飯山市)のゲレンデ内に誕生したのが「Giro Gravel Bike Park Madarao」。キッズや入門者に最適な「SS2」や草原を走っているような感覚の「SS3」など、3ルートがオープンしました。

斑尾高原キャンピングパークに隣接しているので、キャンプ&MTBもおすすめ。レンタルバイクは身長130cmから借りられる24インチと27.5インチを用意しているので、気軽にチャレンジできますよ。これまでハイカー専用だった「ふるさとの森ルート」(パークエリア外)も、ガイド付きのツアーでのみ開放。トレイルの幅が広めで安全に楽しめるので、ブナ林の美しさを堪能しながらのツーリングも注目を集めそうです(ツアー詳細は斑尾高原観光協会へ)。



【斑尾高原「Giro Gravel Bike Park Madarao」】

◆住所:長野県飯山市斑尾高原

◆電話:0269-64-3311

◆営業期間:~2021年10月31日

◆アクセス:上信越道 豊田飯山ICから約17分、妙高高原ICから約25分

◆料金:(1日)大人1,800円、小学生400円 ※別途預り金(500円)あり

※詳細情報は公式サイトをご参照ください。


富士見パノラマリゾート「MOUNTAIN BIKE PARK」超本格コース&初心者から受講可能なスクールも

日本最大級のMTBフィールドとして人気なのが、富士見パノラマリゾート(長野・富士見町)の「MOUNTAIN BIKE PARK」。国内最高峰の大会も開催されるなど、MTBの聖地としても有名です。

コースバリエーションも多彩で、初級6、中級6、上級3の全15コースに、練習に最適なスキルアップエリアもあります。初挑戦から中級者まで、幅広く対応してくれるスクールも要チェック。バイクのレンタルはもちろん、プロテクター類の貸し出しも充実しているので、気軽にMTB体験ができると好評です。

【富士見パノラマリゾート「MOUNTAIN BIKE PARK」】

◆住所:長野県諏訪郡富士見町富士見6666-703

◆電話:0266-62-5666

◆営業期間:~2021年11月14日

◆アクセス:中央道 諏訪南ICから約7分

◆料金:(MTBゴンドラチケット1日券)大人5,000円、小学生以下2,500円 (スキルアップエリア1日券)大人2,100円、小学生以下1,500円 ※スキルアップエリアのリフト運行は2021年11月14日までの土日祝(8/2~15は毎日営業)

※詳細情報は公式サイトをご参照ください。


「ふじてんリゾート」プロライダー設計・整備の本格派!富士山ゲレンデツーリングも人気

日本人唯一のFMB(Freeride Mountain Bike Association)プロライセンスを有するプロMTBライダー、高橋大喜さんがプロデュースする「ふじてんリゾート」(山梨・鳴沢村)のマウンテンバイクコース。東京・横浜・静岡から約90分と、好アクセスながら本格コースに挑戦できると上級者に人気を博しています。もちろん、初・中級者向けコースも多彩。おすすめは、富士山を背にスキー場のコースを自由に走れる「グラスホッパー」。芝生で安全、かつコース幅が広いのでコーナリングの練習にも最適です。

【ふじてんリゾート「マウンテンバイクコース」】

◆住所:山梨県南都留郡鳴沢村字富士山8545-1

◆電話:0555-85-2000

◆営業期間:~2021年11月3日 ※木・金定休 ※夏休み期間(7/17~8/31)は木曜のみ定休(7/22・8/12は営業)

◆アクセス:中央道 河口湖ICから約13km、東富士五湖道路 富士吉田ICから約13km

◆料金:(リフト1日券)4,000円

※詳細情報は公式サイトをご参照ください。


「ウイングヒルズ白鳥リゾート」全長1,000m超の2つのオフロードコース

「ウイングヒルズ白鳥リゾート」(岐阜・白鳥町)は関西・中京圏のMTBファンに人気のスポット。ルートは平均斜度9度のHARDコースと同6度のFUNコースの2本。ともに、全長1,000m超えで、爽快なオフロードツーリングが楽しめます。全長1,300mの「FUNコース」は難易度2つ星。なだらかで安心して走行できるコースですが、ところどころ、デコボコが隠れているので要注意。

一方の難易度3つ星「HARDコース」は緩斜面のシングルトラック。ゴール付近が難所で、上級者御用達の難コースとなっています。

【ウイングヒルズ白鳥高原】

◆住所:岐阜県郡上市白鳥町石徹白峠山1-1

◆電話:090-4163-5520

◆営業期間:~2021年9月26日の土日祝 ※8月は火曜日を除き毎日営業(8/10は営業)

◆アクセス:東海北陸道 高鷲IC・白鳥ICから約30分

◆料金:(リフト搬送1日券)大人5,000円、シニア(50歳以上)3,500円、3歳~小学生1,500円 ※2歳以下無料

※詳細情報は公式サイトをご参照ください。


「ルスツリゾート」“蝦夷富士”羊蹄山や日本百景のひとつ洞爺湖を巡るガイド付きツアーが人気!

北海道ならではの壮大なアクティビティが魅力の「ルスツリゾート」(北海道・留寿都村)。MTBも人気コンテンツのひとつで、おすすめはガイド付きのふたつのコース。

ひとつめは「羊蹄山ツーリングコース」。“蝦夷富士”羊蹄山の雄姿を眺めながら、名水百選「羊蹄のふきだし湧水」がある京極町ふきだし公園まで約20kmを走ります。日本百景のひとつに数えられる景勝地、洞爺湖畔まで約25kmを走るのが「ダイナミックコース」。ヒルクライム、オフロード、ダウンヒルと様々なバリエーションが楽しめると評判のコースです。

写真の、洞爺湖や中島(大島、弁天島、観音島、饅頭島からなる洞爺湖の湖中島)、その奥に内浦湾の絶景が一望できるポイントは撮影スポットとしても人気です。

【ルスツリゾート】

◆住所:北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地

◆電話:0136-46-3332

◆営業期間:~2021年10月中旬(予定)※夏休み期間は「マウンテンバイクサイクリング」コースのみ

◆アクセス:札幌・新千歳空港から約90分

◆料金:(ガイド付きツアー)3,300円~5,500円

※詳細情報は公式サイトをご参照ください。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい