今日から9月。なごみの空に月冴えてー和風月名「長月」考

2020/09/01 09:00

9月です。まだ暑い日が続いていますが、実りの秋はすぐそこまで来ています。和風月名では9月は「長月(ながつき)」。解釈には諸説ありますが、もっとも多く支持されるのが「夜が長くなる月だから夜長月」というもの。一見正しいようにも思われますが…。実は「なが」という言葉には、「長い」以外にもさまざまな意味が隠されています。古来からの仮説を取り上げつつ、長月についてさぐっていきましょう。

あわせて読みたい

  • 「長月」は「夜長月」の意!?次第に長くなる夜に月が冴え輝くころ

    「長月」は「夜長月」の意!?次第に長くなる夜に月が冴え輝くころ

    tenki.jp

    9/1

    古代日本人の生活と古き日本列島の姿が込められている?「和風月名」総浚(ざら)え

    古代日本人の生活と古き日本列島の姿が込められている?「和風月名」総浚(ざら)え

    tenki.jp

    1/7

  • 文月は、神話の火の神と関わりあり?和風月名「文月」考

    文月は、神話の火の神と関わりあり?和風月名「文月」考

    tenki.jp

    7/1

    和風月名「葉月」考。「は」の持つ意味は落ち葉?それとも…

    和風月名「葉月」考。「は」の持つ意味は落ち葉?それとも…

    tenki.jp

    8/1

  • 「師が駆けずり回るほど忙しいから師走」は本当に俗説?和風月名「師走」考

    「師が駆けずり回るほど忙しいから師走」は本当に俗説?和風月名「師走」考

    tenki.jp

    12/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す