「知って得する季語」──日本人の月への愛がすごい!

tenki.jp

 (17:00)tenki.jp

 (17:00)tenki.jp
9月に入りました。二十四節気では、露が濁って白くなるころの意の「白露(9月8日~)」、9月23日からは「秋分」に入ります。残暑もありながら、徐々に大気も澄んで秋めいてくる時季ともいえるでしょう。
さて、9月、そして仲秋といえば「十五夜」は外せませんね。月は、日本人にとっての三代風流“雪月花”のひとつ。桜を“花”というように、“月”も秋の月そのものをいうのです。そこには月を愛するゆえの言葉の数々が存在しています。そこで今回は、月や十五夜関連の季語について調べてみました。

さまざまな月の季語

一年中あるのに“月は秋”だとするのはなぜだと思いますか? それは、さやけく清く仰がれるため、とあります。四季それぞれに月の趣はありますが、秋の月はその極みであるというのです。どんな言葉があるのでしょうか。
○「名月(めいげつ)」「良夜(りょうや)」
旧暦8月15日(今年は9月13日)の月または夜をいいます。一年でもっとも美しい月とされ、豊作を願い団子やすすきなどを飾り鑑賞します。秋風や虫の声なども加わり、風流で趣のある月の夜。「望月(もちづき)」「満月」「十五夜」「今日の月」などとも呼ばれます。
○「待宵(まつよい)」
旧暦8月14日の月。名月を翌日に控えた月の呼び名。「小望月(こもちづき)」。
○「無月(むげつ)」「雨月(うげつ)」
月が無い?雨の月? 無月は十五夜の月が雲で見えないこと。同じく雨月は雨のために月が見えないこと。どちらもこの日のためにある言葉です。
○「十六夜(いざよい)」
旧暦8月16日、十五夜の翌日の月。“いざよう”は、満月よりも少し遅く出る
“ためらう”の意から。○一日ごとの月の季語
十五夜を過ぎると、月の出も徐々に遅くなってきます。姿を変えていく月を惜しみ、一夜ごとに名前を変えて愛でているのです。
「立待月(たちまちづき)」は、8月17日の月。立って待つ、の意。8月18日の月は「居待月(いまちづき)」。月の出がより遅く、座って待つ、の意から。8月19日は「寝待月(ねまちづき)」。文字通り、寝て待つ。夜の更けるころまで待つので、8月20日は「更待月(ふけまちづき)」。月はほぼ欠けて寂しさがつのる。「二十日月(はつかづき)」とも。
ほかにもある月の季語
○「宵闇(よいやみ)」
二十日を過ぎると、月は夜更けまで出ないので、それまでの間の闇のこと。
○「十三夜(じゅうさんや)」
旧暦9月13日の月。今年は10月11日。名月に対して「後の月(のちのつき)」「名残の月(なごりのつき)」といいます。この頃は肌寒くなり、名月より華やかさはなく、ものさびしい感じが……。豆や栗を供えるので「豆名月」「栗名月」とも。
○「星月夜(ほしづきよ)」
ほしづくよ、ともいいますが、秋は空が澄み、月がなくても満点の星空が明るく照らします。秋を代表する美しい季語のひとつです。また「天の川」や「流星」など、星に関する季語も秋の季語となっています。
(参照:俳句歳時記(春~新年) 角川学芸出版 角川文庫/入門歳時記 大野林火・著 角川学芸出版/広辞苑/明鏡国語辞典)

日本人の感性が産んだ言葉

──言葉や漢字の成り立ちを知ることは、日常生活に膨らみを持たせてくれるはず。
近年はスーパームーンという特別な月を愛でることも増えてきましたが、ルーツは、やはり十五夜の月なのではないでしょうか。月が見えない日まで言葉があるというのは驚きですね。
春は朧に見える月、夏は涼しげ、冬は凛とした月など、季節ごとに月を愛でるのも日本らしさ、日本人の感性なのかもしれませんね。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック