さて、どうする?〈愛犬のノミ・ダニ予防4つの方法〉 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

さて、どうする?〈愛犬のノミ・ダニ予防4つの方法〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
春とともに、ノミ・ダニシーズンの到来です!

春とともに、ノミ・ダニシーズンの到来です!

病院で検査をして、ノミ・ダニ予防を

病院で検査をして、ノミ・ダニ予防を

快適に暮らすために、ノミ・ダニ予防は重要!

快適に暮らすために、ノミ・ダニ予防は重要!

毎月、適度にシャンプーを♪

毎月、適度にシャンプーを♪

ブラッシングで清潔に!

ブラッシングで清潔に!

早春の息吹が身に染む今日この頃……皆さん、いかがお過ごしでしょうか? 寒い冬が終わり、春先から夏にかけては、ノミダニの活動がもっとも活発になる時期。愛犬と一緒にお住まいの飼い主さんは、そろそろ愛犬の「ノミ・ダニ予防」を考えられる時期でしょう。
家族同様の愛犬たちと快適に暮らすためには、一年を通して予防対策はしたいものですが、最低でもノミダニが活発に活動する3月から12月は、必須です。そこで、「さて、どうする?〈愛犬のノミ・ダニ予防4つの方法〉〉」をご紹介しましょう!

ノミ・ダニの被害にあうとどうなるの?

どんなに掃除をしても、ダニは一年をとおして、屋内に存在します。もし、愛犬にノミ・ダニが寄生したら、愛犬や飼い主さんにどんな影響が出るのでしょうか?
●ノミによる愛犬への被害●
皮膚に強い痒みを伴う「アレルギー性皮膚炎」が発生するほか、愛犬が毛をなめることにより、誤って体内にノミを取り込んでしまうと「瓜実条虫症」になります。
●ノミによる人間への被害●
愛犬と同じように、皮膚に強い痒みを伴う「アレルギー性皮膚炎」や、ストレスにより脱毛や貧血になることも………。
●ダニによる愛犬への被害●
皮膚に強い痒みを伴う「アレルギー性皮膚炎」や、ダニに大量寄生されると「貧血」に。場合によっては、寄生虫の感染症「バベシア」で命を落とすことも………。
●ダニによる人間への被害●
皮膚に強い痒みを伴う「アレルギー性皮膚炎」や、ダニ媒介性疾患である「日本紅斑熱」や「ライム病」などに。ダニによる死亡例も発生していて、気をつけなければなりません。

愛犬のノミ・ダニ予防4つの方法

ノミ・ダニ予防は具体的に、どうすればよいのでしょうか? 4つの方法を考えていきましょう。
●春前から予防薬を処方してもらう●
かかりつけの動物病院でノミ・ダニの予防薬を処方してもらいましょう。ちょうど、混合ワクチン注射やフィラリアの薬を処方してもらう時期ですので、気になる人は相談してみてください。薬剤はチュアブルや錠剤、スポットオンタイプなど数種類あります。
●ノミ・ダニの予防グッズを利用する●
ノミ・ダニの予防グッズは、スプレーやお洋服、首輪などいろいろあります。愛犬に合いそうな商品があれば、ぜひ気軽に取り入れてみましょう。 ●定期的に家を掃除する●
室内を適度に乾燥させ、部屋の隅々、家電の裏など定期的に念入りに掃除機をかけましょう。さらに、空気清浄機を併用すると効果的! また、愛犬のお洋服やベッド、タオルなどをこまめに洗濯することも大切です。
●シャンプーやブラッシングを定期的に行う●
シャンプーやブラッシングを定期的に行えば、愛犬のお肌に異常があっても、すぐに気がつきますよね。そして、シャンプーは月に1~2回、ブラッシングはこまめに行い、清潔な皮膚を保つようにしてあげましょう。愛犬だけではなく、ノミやダニは飼い主さんにも大きな危害を与えます…… ですので、愛犬の「ノミ・ダニ対策」は飼い主さんにとってもぜひ気をつけたいポイントです!
一年を通して愛犬と飼い主さんが、健康で快適に過ごせるよう、日ごろから正しい知識を身につけて、予防に取り組んであげてくださいね♪


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい