急な暑さにご注意。熱中症予防にtenki.jpの「熱中症情報」を活用しよう! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

急な暑さにご注意。熱中症予防にtenki.jpの「熱中症情報」を活用しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
カラダがついていけない、急な暑さにご注意!

カラダがついていけない、急な暑さにご注意!

あっという間に終わってしまった桜の季節

あっという間に終わってしまった桜の季節

自律神経が働いて汗をかく

自律神経が働いて汗をかく

水分補給を忘れずに!

水分補給を忘れずに!

気温差が激しい日が続いたこの春ですが、急な暑さが押し寄せ、4月20日には大分県日田市で気温が30度に達しました。4月でありながら、今年初の真夏日を記録したことになります。このような急な暑さは熱中症を招きやすいなど、私たちの体に予想以上の影響を与える可能性があります。
tenki.jpでは熱中症情報を発信していますので、熱中症予防対策として、ぜひ今夏は活用しましょう!

真夏日到来で、熱中症の危険が!

冬から春、そして夏へと移り変わっていく日本の四季。通常は、少しずつ気温や湿度が変化していき、花が咲き始め、冬眠していた動物たちも目を覚まし始めます。私たち人間も服装で工夫をするとはいえ、気温の上昇に少しずつ慣れていきます。
ところが、今年は急に暑くなったり、寒くなったりを繰り返す気候が続きました。おかげで、例年より1週間以上も早く桜が咲き始め、あっという間に満開になって散ってしまうことに。体調を崩したという人も多かったのではないでしょうか。
そこへ、突然の気温上昇により真夏日が到来しました。まだゴールデンウィーク前だというのに、30度を記録したとなれば、人の体に大きな影響を及ぼす可能性があります。この時期から注意しなければならないのは、そう、熱中症ですね。

暑さに慣れない体は注意が必要!

総務省消防庁によると、昨年5月からら9月までの間に熱中症で病院に搬送された人は、全国で5万2984人でした。このうち48人が死亡しています。
今年はまだ4月というのに、夏日どころか真夏日を記録する事態に。なんだか先が思いやられますが、注意しなければならないのは、この「急な暑さ」です。
気温が高くなると、人は体温の急な上昇を避けようと自律神経が働きます。汗をかいて熱を放射し、体温を下げるように調節するのです。暑くなり始めると自律神経が少しずつ動くようになるので、体温の上昇をうまく防ぐことができるようになっていきます。
ところが、急に気温が上がって暑くなると、自律神経がスムーズに働くことができません。体が暑さに慣れていないので、上手に汗をかくことができないのです。すると、体内に熱が蓄積され、熱中症になりやすくなってしまうことに……!

tenki.jpの「熱中症情報」をチェックしよう!

昨年5月から9月までに熱中症で病院に搬送された人は、全国で5万2984人にのぼったことから、環境省でも4月20日より熱中症予防の指標を公開し始めていますし、tenki.jpでも熱中症予防に役立つさまざまな情報を発信しています。
熱中症情報
tenki.jpで発信している「熱中症情報」では、WBGT値をもとに「ほぼ安全」「注意」「警戒」「厳重警戒」「危険」の5つに分け、全国の熱中症情報を発信しています。
※WBGT値とは?
WBGT(Wet Bulb Globe Temperature、単位は℃)。アメリカで開発された暑熱環境での熱ストレスを表す指標。WBGTは乾球温度、自然換気状態での温球温度、黒球温度から計算される値のことです。
熱中症情報では、1週間先までの「熱中症情報」を発信していますので、屋外に長時間いる日や、屋外イベントにお出かけの際、あるいはBBQ、キャンプ、釣り、ゴルフなどのアウトドアスポーツにお出かけの際は事前に情報を取得して、熱中症から体を守ってあげてくださいね。tenki.jpでは、熱中症情報のほか、
・不快指数
・紫外線指数
・汗かき指数
・冷房指数
・紫外線指数……など、
さまざまな情報や指数を発信していますので、ぜひご活用ください!
※本記事でご紹介したコンテンツ情報は、記事公開後に修正いたしました。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい