もうすぐ旧正月! 普通のカレンダーとは違う「旧暦(太陰太陽暦)」ってどんな暦?

春節

2016/02/07 16:30

お正月に始まり、春の七草、節分……カレンダーを眺めて「もうすぐ○○の日だな」と準備をするのも、年中行事の楽しさですね。
でも、私たちが現在使っているカレンダーが日本で採用されたのは、たった150年前のこと。
それまでの日本では「旧暦」で生活を送っていたのです。
月の満ち欠け(朔望)と、地球が太陽のまわりを回る周期、この2つを組み合わせた太陽太陰暦(旧暦)。
アジア各国では、今もこの太陽太陰暦で行事を祝う国が多いのです。
もうすぐ旧正月、今回は太陽太陰暦について紐解きます。

あわせて読みたい

  • 初めて日本独自の暦を作った囲碁棋士・渋川春海が眠る東海寺大山墓地
    筆者の顔写真

    鈴子

    初めて日本独自の暦を作った囲碁棋士・渋川春海が眠る東海寺大山墓地

    dot.

    10/30

    19日から二十四節気「雨水」 季節のズレは輸入のため?
    筆者の顔写真

    鈴子

    19日から二十四節気「雨水」 季節のズレは輸入のため?

    dot.

    2/12

  • 12月3日は「カレンダーの日」。暦には多くの歴史がありました。

    12月3日は「カレンダーの日」。暦には多くの歴史がありました。

    tenki.jp

    12/3

    太陽と月の観察で決まる暦。国家の時間を支配するのは暦を作る人!?

    太陽と月の観察で決まる暦。国家の時間を支配するのは暦を作る人!?

    tenki.jp

    2/9

  • なぜ“旧正月”の日付は毎年違うか?

    なぜ“旧正月”の日付は毎年違うか?

    dot.

    2/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す