美術で「芸大から医学部へ」 学生を激変させた「対話型鑑賞」とは? 

前屋毅AERA
対話型鑑賞では、作品についての「知識」は重視されない。自分の目に見えるものを語り、他者の意見を参考に観察を深めていく(写真:京都造形芸術大学提供)

対話型鑑賞では、作品についての「知識」は重視されない。自分の目に見えるものを語り、他者の意見を参考に観察を深めていく(写真:京都造形芸術大学提供)(16:00)AERA

記事に戻る