池上彰×山口二郎 衆院選で野党が政権交代するには「二者択一の構図」が重要

  • 市民連合と政策合意を交わした(右から)れいわ新選組の山本太郎代表、立憲民主党の枝野幸男代表、共産党の志位和夫委員長、社民党の福島瑞穂党首(c)朝日新聞社

    市民連合と政策合意を交わした(右から)れいわ新選組の山本太郎代表、立憲民主党の枝野幸男代表、共産党の志位和夫委員長、社民党の福島瑞穂党首(c)朝日新聞社

  • (AERA 2021年10月18日号より)

    (AERA 2021年10月18日号より)

  • (左から)山口二郎(やまぐち・じろう)1958年、岡山県生まれ。法政大学法学部教授(政治学)。近著に『民主主義は終わるのか』、共著に『異形の政権 菅義偉の正体』など(写真:本人提供)/池上彰(いけがみ・あきら)1950年、長野県生まれ。ジャーナリスト。近著に『知らないと恥をかく世界の大問題12』、共著に『いまこそ「社会主義」』など(写真:片山菜緒子)

    (左から)山口二郎(やまぐち・じろう)1958年、岡山県生まれ。法政大学法学部教授(政治学)。近著に『民主主義は終わるのか』、共著に『異形の政権 菅義偉の正体』など(写真:本人提供)/池上彰(いけがみ・あきら)1950年、長野県生まれ。ジャーナリスト。近著に『知らないと恥をかく世界の大問題12』、共著に『いまこそ「社会主義」』など(写真:片山菜緒子)

市民連合と政策合意を交わした(右から)れいわ新選組の山本太郎代表、立憲民主党の枝野幸男代表、共産党の志位和夫委員長、社民党の福島瑞穂党首(c)朝日新聞社
(AERA 2021年10月18日号より)
(左から)山口二郎(やまぐち・じろう)1958年、岡山県生まれ。法政大学法学部教授(政治学)。近著に『民主主義は終わるのか』、共著に『異形の政権 菅義偉の正体』など(写真:本人提供)/池上彰(いけがみ・あきら)1950年、長野県生まれ。ジャーナリスト。近著に『知らないと恥をかく世界の大問題12』、共著に『いまこそ「社会主義」』など(写真:片山菜緒子)

あわせて読みたい

  • 池上彰×山口二郎、岸田内閣は事実上の「第3次安倍内閣」 自民党に危機感なし

    池上彰×山口二郎、岸田内閣は事実上の「第3次安倍内閣」 自民党に危機感なし

    AERA

    10/12

    野党共闘への壁と選挙協力の限界とは? 池上彰×山口二郎の「衆院選」対談

    野党共闘への壁と選挙協力の限界とは? 池上彰×山口二郎の「衆院選」対談

    AERA

    10/13

  • 野党共闘への壁と選挙協力の限界とは? 池上彰×山口二郎の「衆院選」対談

    野党共闘への壁と選挙協力の限界とは? 池上彰×山口二郎の「衆院選」対談

    AERA

    10/13

    政権交代に動き出した立憲民主 自民幹部は苦笑「共産党と組むとか言い出すと自民党も危ない」

    政権交代に動き出した立憲民主 自民幹部は苦笑「共産党と組むとか言い出すと自民党も危ない」

    AERA

    9/15

  • 伸び悩む自民党が共産党への“ネガキャン”を激化「野党共闘への脅威の裏返し」

    伸び悩む自民党が共産党への“ネガキャン”を激化「野党共闘への脅威の裏返し」

    dot.

    10/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す