写真・図版 | クラファンで収益化? ベンチャー企業注目の新しい空き家再生事業〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

クラファンで収益化? ベンチャー企業注目の新しい空き家再生事業 

このエントリーをはてなブックマークに追加
作田裕史AERA

ファンタステクノロジーが「空き家ファンド」として手がけた埼玉県宮代町の物件。築29年の空き家が、利回り12%の投資物件として生まれ変わった(写真:ファンタステクノロジー提供)

ファンタステクノロジーが「空き家ファンド」として手がけた埼玉県宮代町の物件。築29年の空き家が、利回り12%の投資物件として生まれ変わった(写真:ファンタステクノロジー提供)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい