写真・図版 | 【美意識ある生活】日本のしつこい湿気から茶葉を守る 「開化堂 ブリキ製茶筒」〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【美意識ある生活】日本のしつこい湿気から茶葉を守る 「開化堂 ブリキ製茶筒」 1/3

このエントリーをはてなブックマークに追加

国を超え、茶を愛する人々からその価値を認められた茶筒蓋がすっと閉まり、力を入れずに開けられるのは、繊細な手仕事でミクロン単位の調整をしているから。ブリキの茶筒は40年ほど使いこむと、一番奥のような色と風合いに。変化を愛でつつ、道具を育てる楽しみがある。日本茶だけでなく、紅茶・コーヒー・中国茶にも。湿気を嫌う食品を守る(一番奥は40年ほど使ったブリキの茶筒・非売品)

国を超え、茶を愛する人々からその価値を認められた茶筒
蓋がすっと閉まり、力を入れずに開けられるのは、繊細な手仕事でミクロン単位の調整をしているから。ブリキの茶筒は40年ほど使いこむと、一番奥のような色と風合いに。変化を愛でつつ、道具を育てる楽しみがある。日本茶だけでなく、紅茶・コーヒー・中国茶にも。湿気を嫌う食品を守る(一番奥は40年ほど使ったブリキの茶筒・非売品)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい