黒が印象的なモノクロ写真で写された世界各地の大都市に生きる人々の姿

 写真家・中藤毅彦さんが初めて海外を訪れたのは30年ほど前。以来、世界各地の都市を訪れ、人々の暮らしぶりを間近で撮影してきました。東欧やロシア、キューバなど、観光ではあまりなじみのない都市にも足を運びました。東西冷戦終結後、大きく変化した都市住民の姿を生々しくとらえた中藤さんの作品を紹介します。

【関連記事】
ニューヨーク、パリからキューバ、ブカレストまで……世界中の都市をスナップ写真に収めた写真家・中藤毅彦

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す