【写真特集】影絵を通じて皇室と長年の交流がある藤城清治さん 教文館で20年の展示に幕

2002年10月15日、雅子さまが、御用邸以外で、愛子さまのはじめてのお出かけ先に選んだのが、銀座・教文館の「ウェンライトホール」で開かれた『藤城清治影絵展』です。

あれから20年、計21回開催された教文館での影絵展が、2021年9月26日で最後を迎えます。

最後の展示では、美智子さまに献上した『つり橋はぼくのハープ』を再現した作品などの代表作を多数展示。御年97歳の藤城清治さんは、コロナ禍でも創作活動に励み、新たな作品を生み出していました。

<関連記事>
「愛子さまに一番美しいものを」雅子さまもお忍びで通った 教文館で最後の藤城清治さん影絵展
 

あわせて読みたい

  • 「愛子さまに一番美しいものを」雅子さまもお忍びで通った 教文館で最後の藤城清治さん影絵展

    「愛子さまに一番美しいものを」雅子さまもお忍びで通った 教文館で最後の藤城清治さん影絵展

    dot.

    9/20

    95歳で大作が完成、104歳でCDデビュー…人生を謳歌する匠たち

    95歳で大作が完成、104歳でCDデビュー…人生を謳歌する匠たち

    週刊朝日

    7/15

  • 【写真特集】日本の美を堪能できる「きもの展」

    【写真特集】日本の美を堪能できる「きもの展」

    5/14

    【写真特集】雅子さま追っかけ主婦が激写した皇室10枚

    【写真特集】雅子さま追っかけ主婦が激写した皇室10枚

    5/1

  • 【写真特集】1964年の銀座を歩く

    【写真特集】1964年の銀座を歩く

    7/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す