ほとんど人目に触れることのない身近な原始林に住む動物とネコの野生的な姿|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ほとんど人目に触れることのない身近な原始林に住む動物とネコの野生的な姿

 奈良公園のすぐとなりにある春日山は原始林に覆われている。市外地にこれだけ近い場所に原始林があるのは極めて珍しく、森の中にはシカやタヌキ、ムササビなど、さまざまな動物が住んでいる。一方、身近な飼い猫も野山では野生的な一面を見せる。自然の息づかいを感じながら野生動物やネコの姿を写し続ける写真家・越沼玲子さんの作品を紹介します。

【関連記事】
奈良・春日山の原始林と、野山に生きるネコがつむぐ「生命」 写真家・越沼玲子


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい